スクリーンショット_2017-03-31_2.09.59.png

北関東の玄関口である栃木県。
今、この地にもサバゲーフィールドが続々とオープンし、多くのサバゲファンで賑わっています。
地元、関東圏はもとより、東北地方からの多くのプレイヤーも交通の便を活かしてこの地へ来訪しています。

今回ご紹介するのは那須烏山の「HEAD AX」
東北自動車道矢板ICから約30分、293号線から比較的なだらかな田舎道を走ると「神明牧場」の看板が見えてきます。
看板から山道を5分強走ると「HEAD AX」の味ある手書き看板が出迎えてくれます。

取材当日は定例会ということもあり、常連プレイヤーの方々が1時間耐久戦を和気藹々と繰り広げていました。

丘上のスタートポイントまで送迎してくれます。

丘上のスタートポイントまで送迎してくれます。

もともと、キャンプ場だった場所をオーナー自らと友人達が自力で開拓したとのことで、
バーベキュー場等の名残もちらほらと見受けられ、アットホームな手作り感の暖かさを感じられます。

さてさて「HEAD AX」というフィールド名、どういった意味だかお分かりでしょうか?
「HEAD =頭」「AX=斧」
なにやら物騒なイメージですが‥?

なんと!
オーナー スズキさん曰く
「私、頭を斧でかち割られたことがあるんですよ・・」との壮絶なお言葉!
思わず、「・・マジっすか?」と身を仰け反ってしまいました。

温厚そうなスズキさんも、その反応を待ってました!とばかりに、
頭カチ割られエピソードを語ってくれました。

自らもサバゲプレイヤーのスズキさんは、
念願だったサバゲフィールドをオープンする夢を実現すべく、
不動産交渉・折衝を進めている最中に、
なんと!不運にも強盗に遭ってしまったのです。
その際に、犯人が手にした斧で放った一撃がザックリと!?
幸運にも一命はとりとめたものの、
これ以上はオゾましすぎるのでご想像で・・。
頭に18針の大怪我を負ったそうな。
当時の新聞にもこの事件は取り上げられたとのことです。

山間のキャンプ地跡ってロケーションで、
このエピソードを聞くと、
金田一耕助の惨劇推理ドラマを彷彿してしまいます・・。

さて、その後、準備金として用意していたお金も持ち去られ、
犯人も捕まらず。
無情に月日だけが過ぎ、
途方に暮れていたスズキさんを友人達が、
フィールドオープンの夢を後押ししてくれることとなりました。
土地の慣らしから、設備の設置に至るまで、
休日や仕事の合間に友人達が協力をしてくれたそうです。

そんな日々を友人達と過ごし、オープンを直前にした時にフィールド名をどうしようか?
と協力してくれた友人に話したところ、
「斧で頭を割られたのが由来だから、「HEAD AX」で良いんじゃない?」
とブラックにもほどがある冗談ではあったものの、
妙に納得がいく説明に押されて、スズキさんはこの名前に決定したとのことです。

自らもサバゲーをプレイするスズキさんにフィールド運営と理念を伺ってみました。

「私自身、長年サバゲーをやってきて思うところは、
ルールやモラルを押し付けがちなフィールドが増えてきたなと・・。
確かに、サバゲ人口が増えていく中で、悪しきプレイヤーがいるのも事実です。
しかし、多くの優良なプレイヤーが、良識のない連中のためにシバりを受けすぎるのはどうかとも思うんです。
当然、ゾンビや暴言などの行為は決して許せない行為です。
楽しく、安全にプレイする中で、サバゲーの深い部分の遊びをもっと知って欲しいと思うんですよね。

また、初心者の方でも継続してサバゲーに参加できる環境作りを目指したいですね。
撃ち合うだけがサバゲーではないですから。
その奥に魅力があるんですよね~。
それと、サバゲーのメッカ千葉県のようにもっと
愛好家が増えないと。
そのために、栃木県は東北と関東の玄関口って利便性を生かして、
両地方の交流ができるフィールドを目指したいですね。
ユルめのルールでプレイヤーの皆様の意見や要望に応えながら運営したいと考えています」

「HEAD AX」フィールド内は小高い丘にある展望小屋、ログハウスをはじめ、
軽トラやドラム缶、点在する障壁小屋、廃虚となったBARレストランなどなど、
数多くのバリケードが所狭しに配置されています。
フィールドを一周すると約25~30分。
装備を持ってプレイすれば、定例会で行われていた1時間耐久戦も飽きずに楽しめること間違いなし。

しかし、スズキさんは
「実は、まだまだ発展途上なんですよ。バリケードもオブジェもまだまだ充実させたいんです。
なので、今のところフィールドマップがないんですよ。
オープンしてるんですけど、気持ちはプレオープンなんです。
まだまだ、満足できてないんですよね~」と少年のように語ってくれました。

ますます進化し続けるフィールド。
夜営戦や雪の中でも要望があれば対応してくれるとのこと。
バーベキューを楽しみながら(要連絡)、熱いプレイを展開できること間違いなし!

「HEAD AX」ではサバゲーを始めたいけど、プレイの方法やルールがわからないと足を踏み入れられない初心者のために講習会も行っています。
サバゲーの魅力は、ゲームに参加しないことには理解できません。
ぜひ、興味のある方はスズキさんのブログをご覧ください。
http://sakutann129.militaryblog.jp

◆サバゲーフィールド HEAD AX 〈ヘッドアックス〉
http://headax.wixsite.com/headax
TEL:090-5499-6802
*メールでの問い合わせは、 headax@docomo.ne.jp
住所:栃木県那須烏山市志鳥1261付近
*(南那須町北部高区配水場付近 )


スポンサーリンク


コメント 0

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。

コメントはまだありません。