①.png

 一般的にマニアック要素が強いと思われがちなサバゲーですが、興味を持つ方々が年々増えているのは確かです。
 しかしながら、どこから手をつたら良いかがわからないのも事実。
銃器や装備は持っていないが、フィールドへ遊びに行って良いのか?家族連れだけど大丈夫か?ゲームの内容を把握できていないが、詳しく説明をしてくれるのか?上級者ばかりで参加してもつまんないんじゃないか?etc‥
そんな声が初心者の正直な気持ちではないでしょうか。

ご安心ください。

 サバゲメッカの千葉県印西市には、初心者の不安を払拭してくれるフィールドが存在します!
 2012年春にオープンした「サバイバルゲームフィールドbeam」は、黎明期から昨今のサバゲーブームを牽引する名門フィールドの一つ。
芸能人のファンも多く、メディアでも広く紹介をされています。初心者から上級者まで幅広く楽しめ、サバゲーだけにとどまらないフィールドの過ごし方を提案し続けるオピニオンリーダーです。

 殺伐とした戦場イメージで設置されることの多い休憩スペースですが、クスッと笑ってしまうユニークな石像などで気持ちを和ませてくれるほか、緊張感から解き放たれる、プレー間やプレー後の心身リラックスを考えて、南国イメージの日当たり抜群ウッドデッキスペースなど、ゲームにおける熱い興奮のONとOFFをバランス良く楽しませてくれます。
 また、飲食類も豊富に用意されており、昼食はもとより小腹が減った時などもメニューの充実ぶりはありがたい限り。まさに、レジャーとして家族連れやカップル、女性層からも多大な支持を得ているのは頷けます。

広大なアミューズメント空間!

 総面積35000平方メートルの広大な敷地に、3つの個性あるフィールドを有する「beam」。今回はブッシュエリア、ビレッジエリア、コンビナートエリア、森林エリア等、大型造作物のある複合型Dフィールドを取材させていただきました。

 入場ゲートからビレッジへ。左側にブロークンアローを眺めながら森林を抜けて、少々高低のある傾斜道を上がりブッシュエリア。ブッシュの深さは深すぎず、中央に位置されたブロークンアローを囲んでの狙撃戦は十分に楽しめることでしょう。

 コンビナートエリアは中東的市街地。ブッシュエリアを抜けると景観が全く変わります。ドラム缶やコンテナ、タイガーと呼ばれるコンビナート上部の建造物に身を隠しながら中距離狙撃と接近戦の両方を楽しめます。コンビナートエリアからビレッジエリアへはブロークンアローに掛かる階段梯子で進入も出来ます。

フィールドの魅力を梶谷社長に伺いました。

「「beam」は他のフィールドの持つ雰囲気とは、一味違うと考えています。プレーヤーが過ごしやすい、親しみやすさを全体的にプロデュースしています。以前、私もプレーしていましたが、今は直接プレーに参加することは余りありませんね。基本的にはもう少し俯瞰でフィールド運営を考えています。
サバゲーを始めたいと思っている人と同様、サバゲー楽しそう!ここで遊んでみたい!という、率直な初心の目線でフィールドを見ています。

 そのためには、マニアックになりがちなサバゲープレーヤーの目線ではなく、ライトユーザーの方が〈今日はbeamへ遊びに来た!〉という実感を持てるように演出をしたいんですよね。
 敷地のいたるところにユニークな石像などを配置しているのも、サバゲーには直接関係はありませんが、「あ、こんなのがある!」とかって興味で楽しんでいただけたら嬉しいんですよ。」

「まだまだ、敷地内はお客さんの要望も取り入れて、変化させたり増設したいと考えています。南国風のウッドデッキや椅子も手作りなんですよ。通常のサバゲーフィールドでは無駄なものかもしれませんが、遊び心をもっと取り入れたいですね。今後もプレーヤーに喜んでもらえるように、もっとアミューズメント性を拡張したいと考えています。」

取材/サバゲーる編集部

取材/サバゲーる編集部

初心者の方にはどのように対応されていますか?

「BEGINNER FASTというプランを用意しています。初心者はもちろん、定例会に一人で参加するのは不安と思ってる方にはお得な内容です。
全ての装備、フィールド代金、弾 (1600発)が付いて男性 ¥7000、女性・未成年¥6000です。もちろん、手ぶらで来ていただいて構いません。
新しいEAGLE FIELDでプレーができますよ!」
殺伐とした雰囲気を払拭すべく、ホスピタリティを意識したリゾート的空間でサバゲーを楽しんでいただきたいとの思いが、敷地内のいたるところに散りばめられていました。

 サバゲーはアミューズメントであり、エンターテインメントなゲームという認識がしっかりと反映されています。
ゆっくりと遊び感覚でサバゲーを楽しみたいという初心者の方は、梶谷社長オススメのBEGINNER FASTプランをぜひ一度をお試しください。

◆サバイバルゲームフィールド beam 〈ビーム〉
千葉県印西市平賀2227−1
TEL 0476-33-4383
http://beam-sg.com/


スポンサーリンク


コメント 0

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。

コメントはまだありません。