1.png

 森の中のサバゲフィールド!といえば、言わずもがな、千葉県印西市に展開する<フォレストユニオン>。サバゲー業界の大手ユニオングループの一つで、サバゲーの楽しさを常に牽引し続ける業界のパイオニア。
 今回はユニオングループの中でもグループオープン初期から運営をし続けている老舗〈フォレストユニオン〉へお邪魔してみた。

 場所はまさにユニオンパークと言われる千葉県印西市平賀。周りにはユニオングループの各フィールドが軒を連ねており、〈フォレストユニオン〉はグループの中でも南方に位置している。場所は同じグループの〈U-BOX〉の隣である。オープンは13年とのことで、ユニオングループ発祥のフィールド。当初は〈ユニオン〉となっていたが、グループに様々なシチュエーションフィールドを展開するにあたり、後にフォレストユニオンとなった

 

 フィールドは竹林と雑木林で構成されており、まさに森の中に仕切っできたという感じ。足場は平坦で動きやすく、大きさもコンパクトに仕上がっており、初心者でもプレイしやすい。

 板をはじめ丸太、すだれやトタンのデフォルトアイテムは元より、コードリール、トーチカ小屋などの人工障害物や建造物がバランス良く設置されている。また、フィールド中央には塹壕などもあり、変化に富んでいてゲームを飽きさせない内容となっている。コンパクトで高性能なアウトドアフィールドといえよう。

プレーヤーの裾野を広げるために!

 サバゲー業界の中でも伝説と言われているMCマスターのNobuji氏にお話を伺ってみた。
 ユニオングループは元より、サバゲー業界の過去と現在をを見てきた正にいぶし銀的存在。フィールド運営、MCそしてスタッフの育成と現在も幅広く現場をこなしている。

-Nobujiさんは以前はご自身もプレーヤーだったとのことでしたが、最近もゲームに参加されたりしているんですか?

「私自身、最近はプレイしていないです。趣味を仕事にしてしまうとね‥(笑)私自身の考えですが、サバゲーをやっていない人の方がスタッフには向いてんじゃないかと思うんですよ。ジャッジや運営に対しても純粋に取り組んでくれますからね。変に偏った知識を持っていると、素直にプレーヤーのを思いを受け取れませんし、コミュニケーションにおいても勉強をしなくなりますから」

-スタッフの育成こそがサバゲーの裾野を広げていくということでしょうか?

「ユニオングループの中でもいろんな考え方があると思いますが、フォレストにおいてはそういった部分を考えてスタッフの育成をしていますね。

 フォレストも様々なプレーヤーが来訪してくれます。初心者からハードコアな方までいらっしゃいますが、参戦された皆が1日をどうやって楽しんでもらうか?という目線で考えると、ミリタリーやサバゲーの知識ばかりに目線がいってしまうと、サバゲーファンの層をこちらで絞ってしまいがちになりますから、極力プレーヤーの目線で運営を行っています」

-サバゲーの発展を長らく見てこられたNobujiさんから、現在のサバゲーをご覧になるといかがですか?

「基本的には大きく変わったことはありませんが、女性のプレーヤーや初心者の方々は増えてきていますね。

-サバゲーの発展を長らく見てこられたNobujiさんから、現在のサバゲーをご覧になるといかがですか?

「基本的には大きく変わったことはありませんが、女性のプレーヤーや初心者の方々は増えてきていますね。

 うちのフィールドも、足回りが良いのでプレーしやすいんでしょうね。
初心者の方々にはとっつきやすいみたいで好評を得ています。
また、運営の仕方やビギナーの方々にわかりやすくアドバイスやMCの盛り上げにも配慮しています。サバゲーファンの裾野を広げていくことが大事だと考えています。」

取材/サバゲーる編集部

取材/サバゲーる編集部

 生き字引的存在のNobuji氏。現場の運営のみならず、裾野を広げるためにブログなどでもサバゲーの楽しさを世に知らしめる努力をされています。
 これからもサバゲー業界の礎として、フロンティアスピリッツでますますシーンを牽引してほしいと感じました!

Nobuji氏のブログ
-Mrノブジのユニオン大奮闘記-
http://nobulog.militaryblog.jp/

◆サバイバルゲームフィールド フォレストユニオン
千葉県印西市平賀2470
TEL 090-6030-5588
電話受付時間:AM8:00~PM19:30
公式HP  http://forest-union.jp/


スポンサーリンク


コメント 0

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。

コメントはまだありません。