1.png

日々のストレスをサバゲーで発散してみたいけど、アウトドアフィールドは郊外型がほとんど。チョイ呑みならぬ、帰りにチョイと撃ってみたいなって欲望を叶えてくれるのが、最近、首都圏で人気のインフィールド。
アウトドアフィールドと比べて、交通の便も良く天候に左右されないのが魅力です。
今回は、〈気軽で手軽なサバゲー〉をモットーとしている「ウーパー新横浜」へお邪魔してみました。

新横浜のファッション系複合施設「トレッサ横浜」となり、倉庫街の中にドドんと、ウーパールーパーが描かれた黄色い看板。
周辺は無機質な工場や倉庫群の中、この看板はかなり目立ちます。一瞬、大型のゲームセンターかな?と思ってしまうほど。無料の駐車場(30台)も完備されているのは嬉しいところ。

フィールド内は二階建てとなっていますが、天井の高さを生かして、2階フロアへ至るまでに3層に組み上げられたやぐらを上がっていきます。

1階フロアは各所にポールやドラム缶、タイヤ、板のバリケで組まれたCQB的空間が点在。シチュエーションを活かして身を隠せば、狙撃ポイントも多様に発見でき、ゲーム展開に広がりを与えてくれることでしょう。

2階フロアはシューティングレンジが併設されているため、1階フロアの3分2ほどの面積になりますが、バリケも少なめに設置されているため、ロングシュートを楽しめます。1階と2階で空間認識が変わるため、単調にならないように工夫がなされています。

2階フロアのシューテイングレンジは40m。長モノの調整や練習に最適です。

1階のフィールド奥にもレンジがあります。こちらはハンドガン専用。フィールド内に2つのレンジがあるとは驚き!ゲームで汗を流すも良し、愛器の調整やシューティングの練習に精を出すのも良しのサバゲー複合施設です。

気軽に和気藹々と!

-藤木社長に「ウーパー新横浜」の設立経緯や特徴についてお伺いしてみました。

「おかげさまで「ウーパー新横浜」はオープンして2年過ぎました。
前職の頃から、サバゲーの世界を知って魅了されたんですね。どうしてもフィールドがやりたいという想いから、サバゲーの世界を自分なりに開拓すべく、通販のショップからスタートしました。
その後、新横浜駅のラーメン博物館そばに「Gun& Hobby ウーパー」をオープンしました。その間にもお客様に「サバゲーやりませんか?」と声をかけつつ、仲間を増やしてきた次第です。
そういった経緯の中でこちらの場所を紹介いただき、ショップも新横浜という立地から、この場所でオープンさせていただきました。

-フィールドの魅力を語ってください。

「全天候レンジをはじめゲーム自体を天気に左右されないことと、オリジナルのバラエティに富んだゲームで楽しめます。例えばヘルメット上の風船を撃ち合うといった、単純ですが和気藹々と参戦されているプレーヤーがハッピーになれる要素を追求しています。
また、ハンドガンシューティングの〈ATPF KT4〉を開催しています。
http://www.atpfshooter.com/J/index.php?FrontPage」

取材/サバゲーる編集部

取材/サバゲーる編集部

-今後はどのように展開されていきますか?

「いろんなお客様に来ていただけるよう、口コミだけの宣伝に頼らず、積極的に電車内の広告なども利用して、広く周知していただけるように努めています。
フィールドのサービスイベントとしては女性のお客様限定ですが、土曜日の夜に1000円DAYを設けています。こちらはかなりお得ですので、是非ご利用いただきたいと思っています
また、ショップの「Gun& Hobby ウーパー」にてゴールドとシルバーのワッペンを販売しています。こちらをお買い上げ頂いたお客様はフィールド利用に際して割引特典が受けられますので是非ご利用ください」

マニアックになりがちなサバゲーですが、本質的には楽しめなくては!が原則ですね。藤木社長のサバゲに捧げる信念と愛情には脱帽です。
ストレスを次の日に持ち越さないように、気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか!?

◆バトルフィールドウーパー新横浜
横浜市鶴見区駒岡1-27-31
TEL 045-834-8807
営業時間:平日 AM10:00–PM22:00、土・日 AM9:00–PM21:30
http://wooper.biz/


スポンサーリンク


コメント 0

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。

コメントはまだありません。