1.png

千葉県のサバゲフィールドの先駆者、いや、全国にサバゲを発信させたと言える「SPLASH」。
日本にまだサバゲーと言われる遊びが定着する前から、しっかりとレギュレーションを組んでフィールドを成立させてきました。
長年にわたる運営姿勢などをお伺いしてみました。

「SPLASH」はインドアとアウトドアを併せもちます。
インドアは巨大なプレス工場跡地を改装して、二階建ての建屋を内包しており、全天候型の市街地戦、建屋を利用してのCQB戦が楽しめます。
様々な角度からの狙撃が楽しめるほか、さすが、長年サバゲ運営に携わっている経験からか、空間の作り方が屋内とは思えない広さを感じさせます。

アウトドアフィールドは2箇所ありますが、その一つが二階建ての「ミニタウン」。
イメージとしては商店街の一角のような様子です。コンパクトな作りですが、少人数のCQB戦は緊張感があって楽しめます。

屋外のため、陽の当たり方や風圧を体感しながらプレイに没頭できます。

もう一つのアウトドアフィールドは「East-Hill」「West-Banboo」の二面ステージから成ります

「East-Hill」はタイやベトナムの東南アジア的景観。
地形は勾配のある丘陵に高すぎないブッシュで構成されています。
建屋が多い分、森林系というよりは市街地戦のような遊びも味わえます。
丘の上部への移動はかなりきつめです。

センターラインを超えると、「West-Banboo」に入ります。足まわりは平坦で非常に動きやすいです。
また、フィールド奥の休憩場から隣接する池(沼?)へシューティングも可能。
ゲームの合間にチョい撃ちが楽しめます。

「SPLASH」の運営などについて、スタッフの坂本さんにお話を伺いました。

「長年、サバゲー業界に携わっていますので、ゲームの進行などには気を配っています。
やはり、プレーヤー同士、トラブルのない1日を過ごしていただきたいので、最低限のマナーは守っていただくようお願いをしています。
サバゲーは相手が居て初めて成立しますから、イヤな気持ちを互いが持つのはよろしくないですね。
撃つ時も、魂を込めて撃て!と常にプレイヤーには指導しています。
しっかりと相手を狙って撃てばその想いは必ず相手に伝わりますのでね。
そういったことの積み重ねがゾンビ対策につながっていくと思われます」

また、雑誌「PEACE COMBAT」さんやアパレルの「ALPHA」さんに提携していただき、近隣の他フィールドを周ってゲームを行う「SPLASHツアー」を催しています。結構人気の企画となっています。
http://splash-tour.com/2016/

最近ではドローン競技トレーニングにも力を入れています。
専門の練習場はほとんどないので、これからの需要を期待しています。今後は整備を図りつつ、フィールドの中を飛ばせてみたりしたいですね」http://www.skygame-splash.com/index.html

まだまだ、挑戦は続きそうな勢いの「SPLASH」。
今後もどんな企画やイベントが飛び出すか!?乞うご期待!

◆サバイバル ゲーム フィールド スプラッシュ
千葉県千葉市若葉区金親町498
TEL 043-254-8748/080-6568-6817
公式HP  http://splash-bb.com/splashmain/


スポンサーリンク


コメント 2

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。

F-03

F-03

更に言えば、耐久戦最大クラスである「24耐」の定番会場である「薮中毒 末期患者」が集うド変態フィールドなのは最早サバゲーマーの常識。
このフィールドを語る上で、「24耐」は欠かしてはならない。

欠かしては、ならない。

gale

gale

実はBBジャングルと合わせてほぼ毎月1回は○時間クラスの長時間イベントゲームをやっているストロング(JUNKIE)サバゲーフィールドなのを忘れてはならない!

これ以上ありません。