これデス!

やっと
トリガーガードと
ロアレシーバーに
全く加工不要な
トリガーガードが見つかりました

srt.jpg

IRON AIRSOFT製なら
VFC製に
加工不要で
付くのデス!

サバゲーるで
ECC使ってるのは
私くらいでしょうね(笑)

気に入ったので
うちの人の
Newガンと
私が使ってた
ロアレシバーを
こっそり替えちゃいます(笑)

ピンは外した物を
再利用したほうが良いデス
(私はリューターで径3.1mmまで削ります)

画像の
真鍮

プラスチックの棒と
以前の日記に書いた
簡易サポートシムで隙間を埋めて
作業します

交換時間は
10分程しか
かかりません

明日
うちの人が
実戦投入

sr252.jpg

ここで一つ問題が
並行輸入のアジア バージョンでは
バッファースプリングが
マルイM4GBBの120%のレートを
上回ります
(Japan Editionはマルイ比-20%くらい?ふにゃんふにゃんデス)
即ち
アジアバージョンは
鬼リコイルなので

NBオプティカルは
確実に
破壊されるのDEATH

うちの人のに
仕方ないので私のTR-Xを

撮影用に
Mk3が載ってますが
合計580gのリコイルウエイトでは

1マグで死にます
(ゼロイン出来なくなります)

NBスコープは
アジアバージョン バッファースプリングと
標準(合計358g)の状態でも
確実に死にます

リコイルウエイトが
目安として
300gを超える物に載せる
オプティカルは
必ず
実銃用と明記があるもの
耐ショック(G)が数値として
書いてあるものを選びましょう
shockproofだけではダメDEATH
(目安500G)

日本製で
メーカーが実銃対応と
謳っているものなら
大丈夫かと思いますが・・・

私のに
注文したスコープが
届きません・・・
製造元が中国で
今連休らしくて

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 0

コメントはまだありません。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。