大分
知見も
実証結果も出てきて

販売品を
多少の加工で組み合わせ

ボルトアクションで共通してる点

・HOPパッキンは最短でも7mm押し
 加圧側にしか動かない半固定HOP
 シーソーHOP完全排除
 今まで一切書いていませんでしたが
 ノズル長はいじってます

・レシーバ―に入れたシリンダーは
 アウターバレルを取り付ける前でも
 コッキングの前と後でも
 一切のガタつきなし
 芯はビシッと出ています

・アウターバレル先端持って
 銃をぶら下げて
 ゆすった位で
 ゼロインは狂わない剛性

・初速のばらつきは±0.2m/s未満

・インドア50m
 レストマシンセットでは
 選別弾で
 200mmクリア
 10mm以上の
 エアブレーキエリアで
 ピストンが減速
 シリンダーヘッドに当たることなく
 BB弾を撃ち出します (AS01以外)
 穀物入りレスト材料で保持
 銃の共振はかなり減衰され
 発射への影響は
 ほぼ無いと言えるかも知れません

特徴としては
・インナーバレル内径は6.04mm以下

そしてWレートスプリング
0.28g超えの重量弾に
初期に十分な圧力を確保し
高速スピンをかけ飛ばします

fullsize_image_(10).jpg

有効射程60m超えは
以前は
誰かが手伝ってくれてしか
出なかった物が
今では日常になりました

アウトドアで
敵の射撃態勢面積の射程は
無風なら50m
風速補正ありなら45m
元が飛ぶので
かなりの余裕を持ったボトム弾道デス

見つかって撃ち込まれても
風がある日は
適切な初弾を撃ち込んでくる敵は
殆どいないので
弾道を補正しばがら撃っている間に
こちらの
補正済の初弾が着弾します

A4サイズなら60mデス
側面はかなり遠距離から攻撃可能

スナイパーライフルと言うに
相応な性能になっています

T-N.Tバレルで
バレルの流速アップを見直し

アルミピストンと
負圧処理は
克服したので
今度は
軽量ピストンでの
バレル内圧キープと
エアブレーキ減衰強化
かなり煮詰めました

しかし
レストマシン上で
いい精度が出ても
フィールドで再現せねば
ならないのデス

t10H.jpg

T10S
エアブレーキあり
負圧処理あり
デルリンピストン+メタルエンド(PDI)
インナーバレル320mmT-N.T
マカロン70°を
うましかの腕で宮川押し
APOサプレッサーで共振を大幅に減衰

真正面から
電動ガンで狙われても
アウトレンジから駆逐できます

50m超えの
補正値が
甘い・・・
前は撃っても
ばらついていたし
どうせ中らないだろうと(笑)
適当な記録しかなく

しかし今では
中てれる有効射程
補正精度を極める必要があるのデス

無風の時だけ中てるだけなら
スナイパーである必要なし

ここが最大の
乗り越えるべき課題なのデス

外しても
まるで
セミオートよろしく
撃ちまくって
データ採ってます(笑)

そのうち
1発で倒します

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 4

これ以上ありません。

todosan

todosan

こんにちわ~

ボルトアクションカスタムマスターに近づいてますね。
極めるまでが長いですが頑張ってください!(でも、極められないのが世の常です><)

そして、そのお知恵を知識として吸収する当方がいますw

いま、2年ぶりくらいに電動ガン(マルイFA-MAS)カスタムしてますがラムダバレル0.3+宮川ゴム長掛けダブルホールドにしたらいい感じでした。
カスタムパーツの進化に驚かされます><

でわでわw


追伸
カスタムはお勉強と場数ですね~

ゲッター1

ゲッター1

Nazgulさんの究極の1挺の完成に近付いたようですね(^^)d

Nazgul

Nazgul

todasanさん

ここ数年の特にバレル系の進化は
ちょっと凄いですよ。
ハンドガンGBBで電動ガンと対等以上に
戦えます。バレルとHOPパッキン交換で
中華GBBの射程50mは常識です。
煮詰めると精度もすごく良くなるので
射手の雑さがターゲットで分かるように
なってきてます(笑)

Nazgul

Nazgul

ゲッター1さん

AS01は出来上がったので、もう分解したくないです(笑)

あとは中てていくだけですね。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。