色々
売ってしまおうか
そう思って
色々メンテナンスと
チューニングをやっていたのデスが

某ワークスチームの方と
色々話せて
以前から
電動ガンで
偶然に起こっていた
謎が解けました

何でスプリング表記よりも
初速が出てしまうのか?
考えられる原因は
タイトバレル以外
見当が付きませんでした

sp.jpg

パッケージには

「標準仕様に装着した場合での」

他の効率化は
含まれていないので
色々な抵抗を減らして
効率を上げる事
そして
効率を上げたエネルギーを
使えた場合
ここには触れていません

それらを行った場合
BB弾の初速は
この限りではない
ということになります

スプリングのポテンシャルを
上げる方法
システムのトータルで
スプリング表記の
125%程

知らず知らずのうちに
効率化できていたのデス

素人は怖いデス

as02.jpg

次の・・・
とは
何かと言うと

法規に余裕を持って
初速を設定するだけではなく
弾に合わせて
HOPを調整するだけで
Jも可変する
というところデス

AS02では
バレルは
クレイジージェット303mmのまま
マカロン60°
ネコ撫で
0.2gから
0.36gまで
射程は53~67m
面着弾では70m
網羅できます

初速は0.2g時最大0.93J 0.36g時でも0.91J
いずれも最強HOP時
0.2g発射時は0.64J 最低HOPと全開放HOP時

HOPの押し方(エレベーター)
ピストンへの細工(10数g追加)
スプリングの加圧(数mm)
ここが違います
シリンダーは換えません
弾詰まりといった
ロスを起こすHOPの押し方ではダメデス
この時使うスプリングは
電動ガン用カット無しM90デス

流速が上がっていない
リューソクというフローノズル圧損帳尻合わせ
高圧にはしません

ただし
このセッティングは
Wスプリングで
行うことができません
これが大きな違いデス

ただ
欠点もあり
エアブレーキが使えません
加圧が高めなので
共振を抑制しにくい構造になって
命中精度を極めるのは
困難デス

・・・AS02手放そうかと思ったのに
インドアと
ロングレンジが
両立できる
良い子になってしまいました

実は
.50 HTIを買ってしまおう!!と
息巻いて
色々手放そうかと思っていた矢先に
こんなチューニングが出来てしまいました

そして
試し撃ちから帰ってきたら
.50 HTIは何と
”売れ切れ”になっていました

全て全滅・・・

ただ
この切欠で得た物は
大きかったデス

そして
違う物を
ポチっていたりしますが(笑)

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 0

コメントはまだありません。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。