ロアレシーバーのマガジン周り
ボルトキャリア周りに
全く手を入れないと
55m先では50cmより
ばらけますが

手を入れると
VFCでも
KSCでも
片側10cm以上
径としては20cm以上縮まります
ローディングノズルを傾かせる
この二つの要因に
手を打っているショップは
海外以外
皆無だと思います
(日本は本当にチューニングに関して遅れています)

いつも
諄いほど書いていますが
同じ位置にBB弾を配置できない限り
集弾性は上がりません

どんなに高額で
高剛性高精度なバレルを使おうが
無駄に終わります

ここを抑えていれば
箱出しバレルでも
後述する精度は出せます

bu4-.jpg

KWA/KSC M4用
メイプルのHOPテンショナーを曲げて
調整すると
BB弾0.28gから対応できるようになります
メイプル70°を押してます

HOPテンショナーは
スナップリングと開き方向を
合わせるのを忘れると
HOPテンショナーが傾きます
ロングレンジでは命とりDEATH

bu0.jpg

最大Jを0.8Jに
マガジン温度38℃でも
0.95J未満
その前に気温38℃で
ゲームはやりませんけど(倒れますよね)

箱出しは96m/sという
高初速デスが
初速が高ければ
射程が伸びると言うものでも
ありません
要件が足りなければ
いくら初速を高めようが
無駄デス

0.8Jでも射程は
60m以上確保できます

この417は有効射程
61m (0.3g時400mm以内80%)
40m時 100mm以内 85% 0.28g時

その代わり
フルオートは
正直
撃つ人次第・・・

うちのひとは
体力があるので
電動ガンばりに中てれます
なので
普通に戦ってます・・・
傍から見ると
次世代でA2あった?くらいに
リコイルコントロールをしています

bu6.jpg

箱出しなら0.2gのゲームで苦労しません
ただ電動より散るので・・・というところでしょうか
フライヤーもちらほら

ロアレシーバーとボルトキャリア周りに全く手を入れないと
重量弾を使っても
電動ガンよりは散りますね
そして弾が原因ではないフライヤーが出ます
(AKSは全く出ないデス)

ちなみにVFCは
0.28g以上なら
全然フライヤーはありません(GALOP)

VFCと違って
モデルによって部品が流通していない・・・
なんてことはないので
安心して撃ちまくれます

KSCはオンラインでパーツ注文できますので
翌週のゲームには間に合います
これがうちのひとがKSC製を選んだ
最大の理由だそうデス

今回の改良費用は
一部ジャンクパーツで賄ってる
ところがありますが
パーツ代¥2000未満
HOPアームと
HOPパッキンのみデス

これで
改良はおしまいデス

おそらく・・終(笑)

多分
うちのひとはバレル換えなくて
満足だと思います

追記

VFCやKSC(KWA)分解に関して
良いYouTubeサイトがあるので貼っておきます

動画後半の精度は
前回と今回の内容で
50mでも
上回っての再現可能デス
マガジン温度一定で
デスが

buu.jpg

そして
マガジンのスプリング調整も
中てたいのなら必須

赤丸の中
マガジン内のBB弾が当たってる痕DEATH
そしてローディングノズル後退で
削れる!
まわりの白い埃みたいなものは
BB弾が削れた摩耗粉

ローディングノズルの
BB弾接触部の角を落とす

装弾数を減らす

更に
スプリングテンション変更で
フライヤーはかなり減ります
これはKSC製の癖デスね

リアルカウントでも
結構キツイので
BB弾削れますよ

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 2

これ以上ありません。

todosan

todosan

こんばんわw

いつもお勉強させてもらってありがとうございます。
BB弾の位置が毎回一定にって難しいです><
見えませんし・・・・
でも、
知識は大事です!
これからもカスタムの知識はため込むぞ~
いつか役に立つその日まで・・・

でわでわw


追伸
基本は大事です!

Nazgul

Nazgul

todosanさん

難しいですが、ある程度までは工作機械が無くても追い込みができます。
たいしてお金かかりませんよ。
ただ辻褄合わせの部分は部品が良くなった訳ではない時もあるので
定期整備が必須です。

基本はチューニングもそうですが・・・射撃技術がないと活かせません(笑)

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。