サバイバルゲームにおける防弾性

ArStay

基本的にサバイバルゲームは、裸だろうがボディアーマを着込もうが一発被弾したら終了であり、実戦のように防弾性なんて一切気にする必要はありません。
しかし、実際にはサバイバルゲームにも防弾性は存在しており、それは被弾に気がつかないという形で表れてきます。
いわゆるゾンビ行為に当てはまりますが、人間の五感は優れた機能を持っているものの、人体に対する刺激以外には相当鈍感です。

  • 21
  • 6

ヴィンテージマスケット

ArStay

KTWのマスケット「フリントロックカービン」は、デザイン・アクション共に私にとっては些か不満の残るものでした。
アクションに関しては、槊杖型弾倉を廃して木の棒を突っ込むことで前装式に改造し、マスケットらしく戦うことができ満足しました。
が、デザインに関しては未だ不満がありました。

  • 2
  • 0

実用性と楽しさを兼ね備えたもの

ArStay

M870 タクティカル

4点(良い)

既に周知の事と思いますが、本銃は同時にBBを6発発射する、東京マルイの革命的なガスガンです。私が本銃を購入したきっかけは、6発もいっぺんに発射されるのだから電動ガンよりも効果的に戦えるに違いないと考えたからです。ですので、本レビューではM870をサバイバルゲームで使用する事を前提に、実用性に焦点を当てたいと思います。
発売当初では5発しか発射されない等の不具合もあったそうですが、本銃は最近になって再販された最新ロットです。6発モードにてサバイバルゲームで使用してみたところ、目だった不具合は感じられませんでした。とはいえ、実際にしっかり6発発射できていたかは確認していません。実用面で見れば6発モードの魅力は"6発発射"されることではなく、"散弾として機能"することです。とりあえず弾がいっぱい発射されて拡散して飛んでくれれば良いのです。それが6発だろうが5発だろうが大した差はありません。5発も発射して当たらなければ、6発発射したところで当たらないでしょうから。

  • 6
  • 4

前装式トイガン

ArStay

フリントロック カービン

4点(良い)

サバゲSNSに登録したからには、やらねばならぬ事がある。
それはマスケットの布教だ!
本銃は、ハンマーをコックすることでピストンを後退させた後、フリズンをコックすることで銃身内部のチューブからBBを装填させる仕組みです。

  • 10
  • 3

サバイバルゲーム心得10ヶ条

ArStay

サバイバルゲームにおいてトラブルを防止し、快適に楽しむための個人的な心得です。
私は幸運なことに過去3年間サバイバルゲームにおいて、気分が悪くなった事も、トラブルが発生したこともありません。
参考になるかはわかりませんが、せっかくの楽しいサバイバルゲームでいちいち不快になったり、他人と揉めたりしないために心に留めておくと良いかもしれません。

  • 42
  • 2

サバゲーるはじめました!

ArStay

サバゲ暦3周年を記念して、サバゲーるに登録しました。
以降気が向いたらこちらを更新することでしょう。
仲間を募集していますので、プロフィールを一読ください。

  • 0
  • 0

スポンサーリンク