original_file

こんばんわ

ついに届きました!念願のM4が!
シーマのM4CQBです。
あと前回日記を見てくださった方はお・た・の・し・みの正体も!?

流石CQBと言ったところか・・・。箱の時点でいかにこのM4が小さいかわかりますね♪
では早速開けていきましょう~~!!

おわかりいただけただろうか・・・?

そうです。自分は箱だしの写真を撮影し忘れ、「おたのしみ」の物の写真を撮影し忘れ、
いきなり完成という失態をやらかしておりますwww

スミマセン・・・。

で、皆さんもうおわかりかと思いますが、「おたのしみ」は
PRI GENⅢ DELTA ハンドガード
です!

ネットでたまたま発見し、一目ぼれという感じで購入しましたw
専用レールがついてくるので好みで4面レール化も可能です。

しかし、シーマのM4に装着可能かどうか調べずに購入したので案の定事件は起きましたw
つ、つかねぇ~~~!!!

M4ならつくだろという甘い考えでいたので、まさかシーマの分解の仕方が若干
マルイと違うなんてwww

まぁお得意の加工で無理やり装着しましたw
しかし、今回は自分の頭では無理だったので、とある大学の理工学部でおべんきょ~してる
兄に助けてもらい、なんとか装着できたという感じです。(理系スゲー!)

このM4、この状態だと名前変わったりするのですかね?
わかる方いらっしゃいますか??

まぁとりあえずは第1次カスタムを完了ということで・・・w
今後やりたいと思ってるカスタムは
1、メカボの調整
2、マグプルのCTRストック?に交換
3、リポ化
4、キャリングハンドル装着(やるかどうか悩んでますw)

さぁ~てこのうちいくつ有言実行できるかなぁ~~?ww

ではこの辺で失礼します。
でわでわ~

original_file

original_file

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 12

伍拾参式ヘタレ

伍拾参式ヘタレ

容量(mAh)と放電率(C)を掛けた値が、Li-Poバッテリーが流せる電流の上限になります。
例えば、2000mAh20Cの場合、2000×20=40000(mA)=40(A)となります。
これ以上の電流を流すと即ファイアーなので、導入の際はこの数値に余裕を持たせて選ぶとよいでしょう。
とくに狭いハンドガードやストックに押し込むために小型のものを選ぼうとして容量が小さくなりがちな場面では、大変アレなことになりやすいです。
マルイのノーマル電動が15Aのヒューズが入っていて、実際に流れる電流は10A弱、ハイサイ電動は20Aのヒューズで実際に流れるのは15Aくらいだと聞いたことがあるので、参考にするといいでしょう。最低でもヒューズ容量以上は確保したいところです。

Ni-MHやNi-Cdはこのような上限は特になく、ほとんどショートさせているような勢いで流すことも一応可能です。ただし、そのときの発熱で壊れることはあります。(極端な発熱があれば破損するのはLi-Poも同様)


ここまでが理論上流せる電流の最大値の話。
実際にバッテリーが電流を流すと、無負荷時より電圧が落ち込みます。
「パワーのあるバッテリー」は同じ負荷でもこの電圧の落ち込みが少ないため、「実質の電圧」が高くなり、パワーがあると感じるのです。
例えばNi-CdからLi-Poに乗り換えると、同じくらいの容量同士の比較だとLi-Poの方が電圧の落ち込みが少ないため「実質の電圧」が高くなるので、パワーがあると感じます。
この時、落ち込んだ電圧がバッテリーの電圧の下限を下回るとバッテリーを傷めますので、Li-Poは気をつけて使わないと寿命がどんどん無くなっていきます。
過放電に強い(というか電圧がほとんど無くなるくらいまで使える)Ni-Cdはこの限りではありません。
Li-Po導入の際はオートカット等の保護回路を搭載しておくと、少しは安心して使えるかもしれません。

伍拾参式ヘタレ

伍拾参式ヘタレ

ラジコン用に出回っている一部の高出力Ni-MHバッテリーには、バッテリー自体の電気抵抗を減らすことでこの電圧の落ち込みを軽減する処理がされたものがあります。この処理をザッピングといい、この処理がされたバッテリーはザップドバッテリーと呼ばれています。(私が使っているバッテリーもコレです)
処理されている物とされてないものでは、満充電時の電圧を測ってもあまり差は感じられませんが、実際に使うと大きな違いを感じます。(まさに今トイガン界で話題のLi-Poのような効能ですw)
ただし、この処理はただでさえ自己放電が大きいというNi-MHの弱点も同時に大きくしてしまうので、ピーキーな特性が強まってしまう諸刃の剣でもあるのが難しいところです。
今までNi-MHを使っていた人なら機材を買い換えることなく導入できるので、ちゃんと管理できればひとつの選択肢にもなりそうです。
(かつて、ものすごい性能のバッテリーがあったのですが、扱いきれなかった人が各地で爆発させまくったNi-MHもありました。当時ラジコンをやっていたので使っていたこともありましたが、モーターを積み替えたかのような加速とスピードの伸びが印象的でした。)
最近のは↑の件もあり、安定性を捨ててまでパワーに走るような極端な製品は無さそうな感じもしますがね。

あ、スイッチに関してはローサイクルさんが書いてるとおりです。電圧を上げれば上げるほど消耗が早くなるので、電圧をあげるなら消耗品と割り切ったほうがいいです。
あとはFETを使ってスイッチング回路を組む等の、負荷軽減策を取るのも有効です。ちゃんとした回路を組まないと、今度はFETが逝きますが。
こちらもバッテリー同様、正しく使えば問題ないです。

ナノスピ

ナノスピ

>ローサイクルさん

はじめまして!

もともと日本より規制が少ない場所で製造された電動ガンなら確かにそんな処置が施されていても不思議じゃありませんね。

11.1Vのリポにはそんな効果もあるんですね~
覚えておかねば・・・!

自分もこのM4はいつかイジルつもりでいますので、参考にさせていただきます♪有難うございました!!

ナノスピ

ナノスピ

>伍拾参式ヘタレさん

な、なるほど・・・(汗)
これをすべて理解するには時間がかかりそうですwww
し、しかしリポ選びの際にはこの文を読みながらじっくり考えたいと思います!
有難うございました~~!

ナノスピ

ナノスピ

>ニョッキ

ASCU調べてみたけど何につかうん?w
FETの一種かな??
それに面白いてwww気になる・・・。

ギア即死なんて恐ろしいことに「♪」って
まるで望んでるかのような・・・ハッ!
やらないよ?やらないからね??www

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。