というわけで、秋冬の装備を海のお巡りさんに決めた216です。

fullsize_image.jpg

さあ決めたはいいが、いつものごとくお金がない!
ナム戦ほどの自由度が無い以上、自分でできることはできるだけやった。

とは言いつつ、白状するとほぼ密林大先生に頼ってしまった。
ベストは叩き売りされていたSWATイメージのシンプルなもの。
いまどきモールシステムも無いせいか、7割オフで買える。
上着はミドリ安全の作業服で、下はドンキで買ったそれらしいやつ。
一番高かったのはブーツだが、それでも3500円ほど。いい時代だ・・・

KIMG0404.JPG

注目していただきたいのが、このハンドカフケース。つまりは手錠入れ。
アマゾンで1000円するところを、100均で発見したメジャーケースで代用した。
色、サイズ、雰囲気バッチリ!すげえ100均!

ここで問題になったのが胸に書かれている組織の文字だ。
お気づきかもしれないが、現職の官給品はオークションなどでは転売が禁止されている。そりやまあ当然だ。手に入れようにも、そもそも手に入らない。

じゃあどうするんですか?
→作るでしょ!

KIMG0402.JPG

作りました。
主婦さんに紛れてユザワヤの生地コーナーに並び、紺の布地と水性絵の具でカキカキしましたよ。
布地は目立たず、しかし強度があり、裏透けもなく色が乗りやすいものと考えて、手拭いに使う生地をチョイスした。
段ボールを型紙にして布を張り付け、白枠で囲い、パソコンで出したゴシック体の文字を一文字ずつ下書きし、絵の具で注意しながら書いていく。
なにやってんだ俺は・・・
まあでも雰囲気がOKならOKだよね!

ナム戦の時に培った、できるだけ安く、できるものは自分でやる貧乏性が役に立ったのか、装備の総予算は20,000円以下で収まった。
銃は以前日記に上げたG3SG1を、そのままアサルトライフルとして使うことにした。日本のお役所がH&K社大好きなせいか、やたら違和感が無い。
お巡りさんが7.62mm弾を使うだなんて、物騒な時代になったなあ(すっとぼけ)

残りは手袋とセカンダリィのハンドガンである。
まさかネイビールガー使うわけにもいかんしな・・・

あ!最大の課題を忘れてた!

体、鍛えなきゃ・・・

fullsize_image.jpg

すぐ船酔いしそうなお巡りさんだ

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 0

コメントはまだありません。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。