はい、まず一本目。
http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/45163980.html
SSクラブジークフリートェ…

このお店、使ったことは無いですが名前は知っていました。
いやですね、ヒスサバゲーマー界でもドイツ軍は旧日本軍に並ぶ人気装備なんですが、あくまでそれはヒスサバ界の話であって、一般的にドイツの軍装を扱っている店は全国でもさほど多くは無いわけですよ。なのでサムズさんですとか、カンプさんですとか、エスグラさんですとか…コアなのでいけばスツーカさんやシュミットさん、クラウゼさんなどなど、サイトを持っているほとんどのドイツ系ミリタリーショップはネットで覗いたことがあるんです。
しかしジークフリートは他のショップ同様、装備品に重きを置いた店で、エアガンやモデルガンは飾り程度という印象だったのですが…

タイムリーなことに、規制以上のエアガンで撃たれたかも?というゲーる民さんの日記が投稿されたばかりですね。私も拝見させていただきました。
なんにせよ、決められたルールの中で行われていない競技は競技とは呼べませんよね。初速制限に限らず、ゾンビや暴言などもですが、自己申告や自主規制の色が強いトイガン界の秩序と平和を乱すような行為はやめていただきたい。しかもメーカーやプレイヤーが努力して順守しているのに、販売する側がアッサリと無視してしまうのは言語道断、認識と自己判断の甘い店と断言するほかありません。願わくば、違法銃を買った方も速やかに然るべき処置を行われることを期待しています。

二本目

クレイジージャーニーという番組をご存じだろうか?
世界を駆ける一風変わった旅人たちを扱う番組なのですが、今回は南の島チュークに沈む日本軍輸送艦を巡る旅でした。
チュークと言うより、トラック泊地と呼んだ方が世の提督には身近かもしれない。
船内には当時の新聞や将棋の駒、瓶ビールなどが残っていて、なんともノスタルジックな雰囲気。こういった視点から戦争を振り返るのはヒスサバゲーマーとしては心躍った。
まあ「日本空軍」や「大型戦闘機(一式陸攻のこと)」など珍単語も続出だったけど。

三本目

しまむら…しまむらァ!!

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 2

これ以上ありません。

ダガー

ダガー

3本目がすごく気になりますw
しまむらでなにか魅惑のニューアイテムでも見つけなさったのでしょうか?

SNF216

SNF216

「しまむら ナチス」で検索していただけると・・・

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。