給料日に明細を見てつい魔が差し…なんてことをこの1年繰り返しているのですが、今月も例によってドバァーと2万も使ってしまいました。
そのことを日記に書いたら「その2万のために先月頑張ったんだから大丈夫」とゲーる民の方から天使の慰め(あるいは悪魔の囁き)をいただいて精神的にはお花畑なのですが、その2万のうち、1万を投じて買ったのが本日のお題であるこちら…。

KIMG0018.JPG

行軍用ブーツ!

シュタールヘルム(鉄兜)と並びドイツ軍兵士を象徴するマストアイテム。
その形から「サイコロのつぼ」とも呼ばれていました。
開戦前から大戦初期にかけてドイツ軍兵士の文字通り「足」を支えたこのブーツですが、中期からは資材節約のため踵までの編上靴+ゲートルのスタイルに変わっていきました。戦局の悪化をもじって兵士からは「退却ゲートル」とも呼ばれたそうです。

今回入手したものは、レプリカではなく、かといって実物でもありません。
その中間と言うべきか…
今となっては珍しい、東ドイツ軍(NVA)のジャックブーツです。
東ドイツが崩壊したのち、NVAのサープラスは市場に流出し、日本でも多くのアイテムが手に入った時代がありました(私はまだ自我も目覚めてない頃ですが)。
東ドイツ軍のジャックブーツは形が似ているため、旧ドイツ軍装備の代用品としてメジャーな存在でした。事実、今でも旧ドイツ軍関連のショップではカタログに載っていることもあります。が、さすがに東西ドイツ統一から20年以上が過ぎた現在ではなかなか手に入らないものになっているのか、どこも品切れといった具合です。
例によって執念のヤフオクで念願のドイツ軍ブーツを手に入れました。

無題.png

カッコイイ~

NVAのジャックブーツは靴底がゴム製ですが、実物のドイツ軍ブーツは靴底に無数の金属の鋲(びょう)が打ってあります。これはスパイクのような滑り止めであり、また靴底の摩耗を防ぐ意味もあったそうです。
ただこの鋲が曲者で、東部戦線の寒い地面から冷気を吸ってしまい、兵士たちの足を悩ませたようです。しかもこのブーツは足にぴったりと収まるようにできているため、ソ連軍のもののように隙間に草や新聞紙を詰めて防寒対策をとることができず、余計に凍傷を増やす原因になりました。
「強いドイツ」の代表であったこのブーツに一喜一憂。現場の兵士の苦労が目に浮かびます。

KIMG0023.JPG

シャキーン

しかし靴だけでこんなに印象が変わるとは。
ようやく人様に見せても恥ずかしくないくらいには完成度が上がってきたように思います。
しかしやっぱり奥が深いなこの世界…。
ご一読いただきありがとうございました(^^)V

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 4

これ以上ありません。

ティガー丸

ティガー丸

たしかに自分は、「その2万のために先月頑張ったんだから大丈夫」とコメントさせていただきましたが、まさかここまで本格的な人だったとは・・・、
もう少し他の事にもお金を使ったほうが・・・・W

いや嘘です、ドイツ軍好きなので超羨ましい~~!
テンション上がるでしょうね~~~

SNF216

SNF216

コメントありがとうございます!
自分でも他のことにお金使った方がいいと思うときはありますww
実際、このドイツ軍装備に掛けた金額を計算したら現用の装備なら余裕で調達できそうな金額でした・・・

とは言ってもドイツ軍大好きなので(笑)
ゲームに負けても個性は負けるな。これ一筋でやっていきます。

まんねん伍長

まんねん伍長

 今晩はSNF216様

 まだ東ドイツの物って入手可能なんですね。
 自分はタイミングが良く地元のSWATさんにてブーツ・コート・Pコート制服なんかを結構買いました。
 その当時さすがにレインドロップは買いませんでしたが・・・

 今にして思うと買っとけば良かったかなあ・・・
 って思う事も有ります

 時にゲームでの得物はMP40ですか?それとも44?
 40はともかく44は重いので自分の物は戦闘処女ですww

 では取り留めの無い文面になりましたが、良い週末を・・・

SNF216

SNF216

私もまさか東独のブーツが出てくるとは思っていませんでした。
この手のブーツは得てして日本人の足に合わないか、合うように作られたレプリカはあるけど高い、なんてオチが多いですが、今回のブーツは若干親指がきついくらいで済みました。別に年がら年中履くものでもないですし(笑)

98kとMP40を保有していますが、もっぱら98kだけでMP40はまだ投入していません。
サバゲー自体、半年に一回程度なのでなかなか使う機会に恵まれず・・・

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。