なんたら…とはよく言いますね。
この業界でも安物ってのはあまり良くないです。
中華に至ってはギャンブルみたいなもんなので、価格に関係は無いかもしれませんが(笑)

と、いうわけでして、ただでさえ装備の単価が高いヒスサバゲーマーが安物買いをした結果がこちら。

1455699550737.jpg


おお、すげえのが来てしまったな(小並感)

1455699548214.jpg

右が手持ちの旧エリカクラブ製(と思しき)制帽。
どうですか、このトップ周りのいい加減な造形。後述しますがただのビニールの輪っかが入ってました。ほんとに輪っかです。
色も青すぎ。これ人民解放軍のとかじゃないよね?(笑)

帽章が刺繍なのは本物でもそういうものがあるんですが、これボンドで着けないでくれよ(絶望)
せめて雑でいいから縫ってほしかった。縫ってあったら外せるのに。
てか黒のバンドがナイロンって…またユザワヤ行ってフェルト生地買わなきゃいけない感じですねこれは

1455699552107.jpg

これは笑った(笑)激しく草生えた。
やっぱり人民解放軍じゃないか?(笑)

1455699553717.jpg

この程度の低クオリティなので、気兼ねなく改造します。
兵科色をブライトレッドに塗って砲兵科にし、トップの支えを抜いてゴム紐で縛り、クラッシュキャップ風に仕上げます。
このトップの支えになる輪っかは、めちゃくちゃに縫われた生地の隙間にぶっこんでありました。固定もされていません。おかげで力を入れたら簡単に抜くことができました。いい加減な作りが逆に功を奏した感じですが、一歩間違えたら壊れそう…。

どうでしょう、制帽というのは軍装の中でも極めて重要なアイテムです。
制帽のクオリティ如何は全体のクオリティに直結します。
なんにせよ、安くていい加減なものってのは自分で手入れすることを考えてもあまりおススメできないですね。
という失敗譚でした。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 0

コメントはまだありません。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。