レビューした装備

総合評価

3点(普通)

なんてこった!!
ハイパー道楽さんのBatton Airsoft通信で初めて見たとき、思わずそう叫ばざるを得なかったです。
何しろフルメタル、リアルウッドで600発マガジン標準装備。しかも内部調整済みで初速90越え。それで定価2万4000円(送料無料でした)。もう意味分かんない。採算取れてるのか?と思わず疑いたくなりますが、中華エアガンの調整では定評のある(らしい)バトンさんの調整ということもあり、バイトの先輩からお借りしたKSCガスブロ74の感動が忘れられなかった自分は勢いそのままポチりました。
ちなみにブローバックユニットの都合上、エジェクションポートは半分くらいまでしか開かないのでそこだけ注意。

見た目や質感について

3点(普通)

この金属と木でできた質感!ぐうたまらん。
E&Lソフトの74はハイパー道楽さんいわく「ノリンコの工場で作ってるのか?」レベルの出来だそうですが、自分はこのAPS製でも不満はありません。ねじの形が違うとか、そんなのも別にいいじゃない。だってAKだもん。実際、紛争地帯で同じ形したAKが揃うことなんてあるのか?

初速や集弾性について

3点(普通)

初速はデザートストーム川越(以下DSK)さんでお借りしたリポで93ほど。最大0.7くらいで戦ってた自分からしたらとんでもねえ数値。
集弾性も悪くない。というより、600発を最後まで撃ち切れるので。一発一発の狙撃よりも弾幕射撃の方がキルを取りやすいのです。

剛性について

3点(普通)

相当荒々しくプレイしましたが、しっかり付いてきてくれて頼もしい。
所詮中華だからこの先どうなるかは分かりませんが…。

持ち運びやすさ(重さについて)

3点(普通)

これ、自分的にはこの銃の最も「推し」な部分なんですが、バランス感覚が素晴らしい。
フルメタル・リアルウッドなのに比較的軽く、重心バランスも良いためスリングに引っ掛けて走り回ってもまったくストレスを感じない。持ってて疲れないのでダッシュや山越えをしながらバリバリ撃てます。

取り回しの良さ(全長について)

3点(普通)

DSKさんでの話ですが、個人的には市街地だとストック展開、砂漠だとストック折り畳みの方がやりやすかったです。本来は逆だと思いますが、市街地から砂漠側を狙うときは正確に撃てる方が良く、砂漠から市街地を狙うときは隠れている敵をけん制するため折り畳んで弾幕を張ったほうがテンポよく戦えました。

カスタムについて

3点(普通)

これはもう各人の趣味でいいですね。
裸AKで民兵を気取るもよし、近代カスタムで旧共産圏や特殊部隊を演ずるもよし。

ゲームでの使用感

3点(普通)

この銃の欠点。

ク ソ ホ ッ プ!!!

バ ッ テ リ ー 入 ら な い!!!

ホップシステムがブローバックのせいで徐々に動きやがります。
しかもションベン弾と全力ホップの境目が1mmも無いので戦闘中は常にHOPとの戦い。
僕の個体だけの話なのか…ねじ締めてみて、だめなら現状維持ですね。
まあHOPを見ながら戦うのも別に珍しいことじゃないのでストレスにはなりませんでした。
バッテリーも形状をかなり選ぶので、お買い上げの際は要注意です。とりあえずマルイのAKバッテリー(ニッカド)は収まりましたが、たぶんあれが限界ですね。

いや、上記2点を含めてもこんないい銃を2万ちょっとで手に入れた満足感。
こいつを使ってサバゲーで初めてキルを取れました。嬉しいです。
これからも末長く愛していけそうな一丁でした。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 1

これ以上ありません。

SNF216

SNF216

↑ねじ締めに成功。HOPは固定できそうです。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。