レビューした装備

総合評価

4点(良い)

130503_2244_01.jpg

コンシールドキャリーピストルの代表格であるワルサーPPK/s。
最新ロット(2015年5月現在)の1つ前の世代の時に買いました。
まだ箱が黒とオレンジだった頃です。

実銃のワルサーPPKは1930年代に姉妹モデルであるPPとともにドイツ警察、ナチス党、国防軍などで広く使われていました。
戦後も外貨獲得のため輸出されますが、ケネディ暗殺事件がきっかけでアメリカが小型拳銃の輸入を規制。これに対応するため本体のサイズを大きく改良したのが、本モデルワルサーPPK/s(スペシャル)となります。

見た目や質感について

5点(とても良い)

ABSブラックモデルを購入。
残念ながら使い込んでいると艶消しが落ちてテカテカしてきます。写真の時は買ったその日なので落ちてません(笑)
デザインはさすがドイツの名門ワルサー。世代どころか世紀も越えて愛される、シックで気品のあるスタイルです。
スライド上部には太陽光の反射を防ぐためのぎざぎざの模様が彫られています。細かな気遣いがいかにもドイツ的。

セイフティが使用とともに折れる場合があるので、1年に1回は全体の様子を見てあげるといいでしょう。

初速や集弾性について

2点(悪い)

ノーマルの状態は固定HOPですが、飛距離、集弾性ともに外では使い物になりません。
室内でもかなり疑問です。可変HOPバレルとサイレンサーのセットが別売されていますが、在庫があるサイトをみたことがありません…

ここはムービープロップバージョンなんかを買って、タキシードに身を包み、シャンパン片手に颯爽と現れては本家の某スパイのように華麗に暗殺していくのが一番現実的な使い方です。

剛性について

5点(とても良い)

折れやすいパーツはセイフティです。
またトリガーガードも通常分解時に力をかけると折れそうなので気を付けてください。

持ち運びやすさ(重さについて)

5点(とても良い)

もとは刑事向けに開発された拳銃なので、秘匿性抜群。
スーツの下にサスペンダーを吊ってそれらしく…

取り回しの良さ(全長について)

5点(とても良い)

小さいので小回りが利きます。

ブローバック

5点(とても良い)

このPPK/sの押しなところは、ガツンと手に来るブローバックです。
これだけ小さいハンドガンながら、驚くようなブローバックを見せてくれます。
マガジンが細身でガスの持ちもよくないですが、この独特のキレは撃ってみていただければわかります。他社とは違うこの切れ味はハマりました。

ゲームでの使用感

4点(良い)

実際にマルイのガスガンと対決して勝つことは難しいでしょう。
どちらかといえば小道具に近いかもしれません。

ですがはやりの軍用オートやポリマーオートには無い独特な存在感はあります。
ドイツ警察、憲兵隊、武装SS、または某イギリスのスパイ、日本のSP、皇宮警察などなど…人とはチョット違ったスタイルや銃で遊びたい方にはもってこいの一丁です。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 0

コメントはまだありません。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。