前の日記にて次世代M4の不具合 セミがフルオートに、ノズルが下がるための2段糾弾。

調べたところセミオートはカットレバーがスイッチをカットしきれていない為になっていたことが判明、カットーレバーを交換
ノズルは逆転ラッチが穴の大きさにあっていなかったため、動きが硬くうまく動いてなかった模様。

これを直したら快調に動く動く。

と思ったら今度は糾弾不良。
最初は問題ないが撃っていると弾が出なくなる不具合
マガジンを抑えながら撃っていると問題無く撃てる。

どこが悪いのだろうか?
最初は動きもしなかった。
今度はセミ、2段糾弾。そして糾弾不良
不具合は続くが段々正常に使え始めている。
あともう少しだろうか?

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 2

これ以上ありません。

gale

gale

新着から失礼しますー
マガジンの給弾不良というお話で、自分も現在タイムリーな事にこの問題にぶち当たっており;
流れの悪いマガジンは大抵フォアグリップの様にガッチリマガジンだけで掴んで、エモノの重さを利用して撃ったりしています…w(マガジンを押し込み続けていれば正常に動きます)

私のマガジンがほぼ中華産で占めているのと、MP5系ですので、状況がまるで違うと悪いのですが…
海外品ではないマルイ純正の多弾マガジンですと快調に給弾するので、マガジンキャッチがちょうどハマる凹部分か、銃側の金属パーツが少しずつ削れて広がってしまった事によって?
マガジンのBB弾を抑える爪部分が、完全に開放されてない状態で刺さってしまってるんだと思います

もし同じ様な状況でしたら、ズレた分を埋める形でハードタイプのネジロックなど接着剤で、二度と外れないレベルでコンマ数mm~1mm厚の金属を凹部分上部に付けると収まるかもしれません?

私は取り敢えず余りのカモテープを凹に重ね貼りして誤魔化している状態ですが、何mm隙間が開いてしまっているのかまでをまだ調べていないので、実は騙し騙し使っています…;w

サラダ亀

サラダ亀

返信ありがとうございます。
マガジンを刺した後、マガジンをガチャガチャ動かしていたら見事に抜けました。
マガジンはマルイ製でして、マガジンがきちんとはまるのを確認しても抜けてしまうようです。
次世代ですので振動がありますのでおそらく振動で少しずつずれていた。
これが原因ではないかと思います。だから最初は正常に撃てていたんですね

マガジンキャッチのアドバイス 助かりました。
マガジンキャッチ自体はきちんとはまるようですので、キャッチ側の厚みを増やすか、キャッチのバネを強くしてみます。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。