レビューした装備

総合評価

4点(良い)

DSC_0017.jpg

A2の項目がないのでA1に仮に記入します。

これはまさに求めていたL85という感じです。自分はこの銃のためにサバゲーをやっているといっても過言ではないくらい好きです。
購入時の価格は42000円くらいで買ったと思います。エアガンとしては高い方だと思いますがかなりリアルな出来で割高感はないです。
個人的に良いところを述べると
ブローバック機能がありA2で大型化されたハンドルがガシャガシャ動くのは売っていて楽しいしリアルな動作が楽しめる。ボルトストップをかけてることができ(手動ですが)解放した際の「シャキンッ!」という音がまた良いですね。後述するようにL85の数々の逸話を思わせるような体験ができます。

G&G製のL85A2はARESやICS、Weとは違いハンドガードがA1時代と同じタイプとなっています、また他メーカーと比べてもハンドガード内には放熱板も再現されているものは珍しくG&Gは良い仕事をしたと思います。 

このエアガンはセミオートの不調により実質的なフルオート専用になっているのでセミオート船などで使えないのが少し寂しいです。

ちなみに付属するのは450連の多段マガジンでコネクタはラージでした。

本当は思い入れ補正で総合評価★★★★★にしたかったのですが、最近内部のトリガーに連動するパーツが折れてしまい撃てなくなるという事件もあり、安定性に欠くということで星一つマイナスということになりました。

「見た目や質感について」

5点(とても良い)

見た目や質感はもう言うことがないくらい完璧です!!。(根拠はないです)

 「初速や集弾性について」

3点(普通)

初速は箱出しで80後半くらいで安定してました。
集弾性は図ったわけないので具体的な数値はわかりませんがまあ不自由しない程度には当たります。

撃てる鈍器 「剛性について」

5点(とても良い)

DSC_0008.jpg

バレルをもって振り回しても大丈夫なほど剛性は高いです。
L85を撃てる鈍器と呼称するジョークもありますが、言葉通りの使い方もできそうです。
金属はアルミ、亜鉛、鋼鉄が使われているらしいです。
磁石でつけて調べてみると、レシーバー、ハイダー、メカボックス、トリガーガード、スリングスイベルなどは鉄製なのでかなり丈夫だろうと思います。
グリップとハンドガード、チークパッド(?)などはプラスチック製のようですが剛性的な不安はありません。

重い、だがそれが良い 「持ち運び及び重量に関して」

4点(良い)

DSC_0010.jpg

G&G公式HPによると約3.2㎏だそうです。
実銃は本体のみで3.8㎏でそれには及ばないにしてもかなり重く感じます。
自分はレイルハンドガードに換装しているので重量は4㎏オーバーでフルロードの実銃並みになります。
ただ一つ問題として写真の丸で囲った部分が親指の付け根にあたって痛く感じることがあります、人間工学なんか知ったこっちゃあないのがL85ですが、持ち運びづらいのでその点で星一つ減点してます。

「取り回しの良さ(全長について)」

3点(普通)

DSC_0011.jpg

ブルパップ方式の銃なのでインナーバレル長が510mmありながら全長 785mmでM4のストックを最低まで縮めた全長と同じくらいの長さに収まっています。
しかしⅬ85はパットプレートからグリップまでの距離がm4の最短から6個目のポジションくらいの長さがあり、当然それで固定なのであまり体が大きくない自分には構えづらく、銃をわきに挟んで運用せざるを得ないこともよくあります。

「カスタムについて」

4点(良い)

DSC_0013.jpg

拡張性は低いです。あるとしても精々ハンドガードとハイダーを変えるくらいで、それも各一種類ずつくらいしかありません。
G&G製Ⅼ85は実物及び他社製のⅬ85とは違い上部マウントレイル幅が20㎜です。(拘る人にとっては残念な仕様かもしれません)
なのでスコープやドットサイトは好きなものを付けられます。
個人的には少しの加工でダニエルディフェンス社製のレイルハンドガードを取り付けることができるのでかなり高評価です。

不便を楽しむ 「ゲームでの使用感」

2点(悪い)

前途したような重さと持ち運びづらさとリロードのしづらさ、スイッチングのしづらさ、体にあたってセレクターが切り替わってしまうことなどもあり、使いやすいかというと答えは確実にNOです。
しかしこれらの構造上の不具合は実銃においても存在しており、リアルな体感という点に関してはこの上ない楽しさではないかと思います。

セレクターがセミオートであってもフルオートになってしまったり、ときにトリガーが効かなくなって撃てなくなる、マガジンが入りきらず落下するなどの実銃と同じとまではいわずとも本物を思わせるような出来事もちょくちょくもあります。

手のかかる子ほどかわいい、不便と感じつつもこういうところにニヤニヤしてしまう、そんな病気なあなたにはお勧めです(笑)

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 1

これ以上ありません。

ゾンビ伊助様

ゾンビ伊助様

バレルを持って鈍器にもなる、しかも実銃同様な不具合なんて、
サバゲーに役立たずな名銃です。
全て不可でもゲームでの使用感は最高だ。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。