IMG_0558.JPG

MAGPUL PTSのMASADAです。(もともとはCQBバージョンでした。SVではありません。)購入時は50,000くらいでしたが今は60,000円位するみたいですね。

購入したのは2012年の12月。
まともに使えるようになるまで長い道のりでした。

購入時からやたらにサイクルが速かったので「あれ?」とは思っていましたが、半年で2回ピストンクラッシュを起こし、特に2回目の入院はパーツ欠品で2ヶ月もかかったため「こりゃいかん」ということで、その後はメカボあけて自分でメンテすることにしました。

内部ですが、ピスクラの原因は初速調整のために行われたスプリングカットだと思われます。素人がこんなのつかまされたら直せる訳ありません。私自身、ネットを見ながら何とかスプリングを交換することができた次第です。
その後、ピストンクラッシュは起こっていません。

また、ついでにピストンをマルイ製、ピストンヘッドとシリンダーをライラクス製に、モーターをマルイのEG-1000Sに交換しています。(モーター交換の際、配線も引きなおしました。)
さらに、ロットにもよるのかもしれませんが、ネットでよく言われているとおり、スイッチに難があり、セミで撃ってるのにバーストしたりしました。そのおかげで、セミ戦で退場になることもしばしば。これには0.2mmのプラペーパーをスイッチに貼る事で解消しています。

また、120連マガジンにフルチャージするとノズルがマガジンのスプリング圧で後退できず、装弾不良になることもしばしば。これはWII-TECHのアルミチャンバーに交換しても改善されることはありませんでした。ノズルにシリコンオイルスプレーをこまめに吹くしかなさそうです。
個人的には「弾が出ない」ということがサバゲをやっていて一番萎える瞬間ではないかと思っています。

バレルは、10.5インチのままでもよかったのですが、次世代M4とコンセプトがかぶりすぎるので、14.5インチバレルを購入してスナイパーライフル的に使用しています。(バレルが延びたので、スプリングも交換して初速を調整しています。)

見た目はとてもいいのですが、中身は「所詮海外製」って感じでしょうか。電動ガンのお手入れに慣れた方ではないと付き合いきれない銃だと思います。ですが、ある程度の道具さえそろえてしまえば、マルイ製の銃よりもメンテナンスしやすいかもしれません。M4のように特殊工具が必要ないのもいいですね。メカボを開けずにスプリングを交換できるのはとっても楽です。

逆に言うと、簡単にパーツ交換ができてしまうので、初速が確認できる環境でないとうっかりいじれないということでもあります。

安定期に入った今となっては、「手のかかる子ほどかわいい」を体現してくれるすばらしい1丁になってくれました。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 3

これ以上ありません。

フレンドリーファイアD

フレンドリーファイアD

初めまして!
2番目に買ったエアガンがACRでした(去年の10月)。
フリマで見つけた未使用品の初期ロット版?で女の子使って値切って3万円でしたw
すぐにファインチューンに出したので10回はサバゲーで使ってますが問題は起こって無いです。
こちらは350連純正と付属120連マガジンは問題なく使えてます。個体差でしょうか?
フルオートで打つと弾が何発か出ない気もします。マルイのM4のなら問題ないです。
ショートマガジンが手に入らなくて困ってます。サードパーティ製を注文しましたがハズレおおいです。

フレンドリーファイアD

フレンドリーファイアD

10回はサバゲーで使ってますって変な表現ですね。「50戦以上は遊んでます」に訂正します

takaQ

takaQ

>フレンドリーファイアD 様
コメントありがとうございます。
ロット差でしょうかねぇ…私の場合はマガジンキャッチが入らなかったですね。おかげで純正120連PMAG6本と70連ショートマグ1本体制になりました。(ヤケクソ)
ショートマグは品薄ですよね。見つけても小さいのに高くて躊躇してしまいます。このショートマグは内部清掃中に弾を押すパーツがどっかにスッ飛んで行ったので安物マガジンのパーツを入れて大事に使ってますw

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。