IMG_0560.JPG

MAGPUL PTSのMASADAです。

外装については文句なしすぎていじるところがありません。
ハンドガードも個人的にはリアルサイズよりも電動バージョンのほうが似合っている気がします。

リアサイトは付属してきたMBUS2。
スコープはマルイのイルミネーテッドショートズームスコープ。倍率は1.5~4です。イルミネーションが必要だと感じたことはいままで一度もありませんが、形がMASADAにとっても似合うと思っています。そしてとっても重いです。
スコープマウントはRALUE”タイプ”のQDスコープマウント。取り外しが容易でとても気に入っていますが、このタイプはレールをちょっと削ってしまうのが難点でしょうか。

フォアグリップはMAGPUL PTS製のMVG。手にとってもなじむので気に入っています。以前はフォアグリップの必要性を感じなかったのですが、一度つけてみるとないほうが違和感で、現在所有している長物にはすべてフォアグリップがついています。
ハンドガードにはその他、レールやらスリングスイベルやらがついています。レールを取り付けたのは、10.5インチ時代にスカウトライトを取り付けていたためですが、サバゲーで使用機会のないライトはデッドウェイトでしかないため今はつけていません。

マズルにはAACサイレンサーを取り付けています。
これにより、「ビシッ!」という発砲音が「バフン=3」という音になったような気がします。

マガジンはショートバージョンです。とっても似合いますね~。
ちなみに、都内某ショップでP-MAGの多弾マガジンを試しに装着させてもらったのですが、挿せませんでした。ノーマルマガジンは使用できます。

さて、このMASADA、初速はノンホップ0.2gBB弾使用で95m/sくらいです。ホップ適正で92m/sくらいです。(0.25弾だと、86の83くらいです)
グルーピングは20mならマルイの電動ガン並みにまっすぐ飛びます。30mでもマンターゲットくらいなら狙えます。へんなホップとか、スライス、フックとかもなく素直な弾道です。が、マルイよりは散ります。

※マルイのステマではありませんが、所有している次世代M4がとにかくまっすぐにしか飛ばないため、つい比べてしまう次第です。

重いので出番は限定的ですが、スコープの中の敵さんがヒットコールする姿はなかなか気持ちいいものがあります。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 0

コメントはまだありません。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。