今回は使用したパーツをご紹介します。

バレル.JPG

何はともあれ、アウターバレルです。MADBULL製です。
長いインナーバレルは切らないと、初速が出過ぎますので注意してください。
アウターバレルはおそらくアルミ製です。取り外し可能なサイレンサーアタッチメントがついていますが、ブローバックの衝撃ででガタガタになるのでネジロック必須です。また、バレル基部は一部加工(削り)してやらないと純正のチャンバーが入りません。

サイト.JPG

NOVAKタイプのサイトセットです。
3ポイントドットタイプです。ドットには蛍光塗料が塗ってあって、暗がりでも見やすいとされていますが、効果については人によって感じ方が異なるようです。

グリップセーフティ.JPG

ダックテールタイプのグリップセーフティです。
M1911A1タイプのグリップセーフティだと、リングハンマーと干渉するらしいです。(噂)
MEUのグリップセーフティは干渉せずに使用できますが、形が気に入らないので交換します。

ハンマー.JPG

KM企画のエッグホールハンマーです。
MEUの純正ハンマーもいい感じですが、穴がエッグでもリングでもないのと、色がブラックなので変更します。価格は5000円とありますが、そんなにしないで入手できました。
スネークは「リングハンマー」といってましたが、映像ではエッグホールだったのでこちらを採用しました。

サムセフティ.JPG

シルバーでシングルタイプのサムセフティです。
安価なものを探しましたが、シルバーでシングルタイプはAnvil製のものしか入手できませんでした。シルバーなんですが、つやありなので他のパーツと比べると若干浮いてしまいそうです。形状がMGS3のものとは異なりますが、個人的な趣味でこちらにしました。

グリップ.JPG

木製グリップです。
2000円未満で入手できますが、仕上げは若干荒いように感じます。チェッカリングの一部が削れてたりしますが使用には堪えると判断しました。
後日、加工します。

ウェイト.JPG

グリップウェイトです。
木製グリップにすることで純正のグリップウェイトが使用できなくなるため、購入しました。グリップに両面テープで貼り付けて使用します。

スクリュー.JPG

グリップを固定するためのスクリューです。
これはこだわるべきか悩みましたが、純正の色を落としただけでは錆びそうな気がしたのでステンレス製を購入しました。

その他、写真を撮り忘れたもので、
シルバーのスライドストップがあります。
これはアルミ製(おそらく)でマットなので、相性はよさそうです。
あとは、これは蛇足ですがストライクウォーリアーのマグウェルを購入してます。個人的趣味です。

また、グリップ加工後のお手入れ用にアマニ油を購入してます。

全部でこんなもんだったと思います。以上、アフターパーツのご紹介でした。

嗚呼、本体より金かかった・・・特にAnvil・・・

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 2

これ以上ありません。

バンシン

バンシン

20140325_235154.jpg

以前、自分がマルイのガバメントベースで自作したスネーク・マッチです、スライドのセレーションは粘土シリコンで元々のを型取りしてプラリペアで複製、スライド前部を凹に削って接着、フロントサイトはABS板から、リアサイトはエポパテでマスターを造って型取りしてプラリペアに置換、アウターバレルはライラのを、地味にスライドの上を水平に気を付けて平らに削るのが難しかった、トリガーは社外パーツのマッチトリガーにドリルで穴開けしてます、塗装はインディのパーカーシールでサイドのみ軽く磨いてます。

takaQ

takaQ

サイトやセレーション、加工技術すごいっすね〜!
自分の手には余りそうだったので諦めてしまいましたw
私も雰囲気は出そうと思うので今後にご期待ください。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。