グリップを加工してみました。

彫刻刀の丸刀2本と平刀一本で彫りました。

画像等から溝の大体の幅を割り出したところ、1.2cmくらいでいいのではないかと思いました。
鉛筆で大体の形を下書きしたあと、彫刻等で木の目にそって彫っていきます。
目に逆らうとささくれ立ってしまいます。ささくれると思わぬ方向に木が削れてしまうので要注意です。
あらかた形を出したら、400番の紙やすりで整えています。このとき、ふちが非常に薄くなっているのであまり力を入れすぎると割れてしまいそうなので、注意が必要です。
このグリップは結構硬い木だったので折れることはありませんでしたが加工は結構苦労しました。

で、仕上がりですが・・・失敗が怖くて置きにいってしまいましたw
あと1~2mm幅があっても良かった気がします。
某渋谷製のグリップに比べると完成度はアレですが、満足です!

写真は亜麻仁油乾燥中の様子。

グリップ削右.JPG

あとは、スネークも語っていた、トリガーガード付け根の削りこみです。これ以上彫ると、強度がやばそうなので、この辺にしておきました。

金ヤスリの半丸のいい感じの径のでゴリゴリ削った後、耐水ペーパーで400番くらいから徐々に番目を上げていきます。最終的には1500番で仕上げました。

その他、写真には取り忘れましたが、スライドのイジェクションポートの形がMEUにはリーフカットが施されていたのでプラリペアで埋めてます。ほかにも余計な刻印(本体右側とスライド左側)をプラリペアで埋めました。
が、加工しにくいですね~。「黒い瞬間接着剤」にすればよかった。あれは硬化剤と併用すると非常に加工しやすくてよく使います。今回はガスブロなので、対衝撃性を考慮してプラリペアを使いました。

ハイグリップ.JPG

次に、カラーリングですが、
CAROM SHOTのブラックスチールとチタニウム・シルバーで塗り分けたいと思います。

どちらも、塗膜が非常に硬いそうです。

全体にチタニウム・シルバーを吹いた後、スライドのサイド部分だけをマスキングして、その他の部分にはブラックスチールを吹いて塗り分けたいと思います。

塗料.JPG

この辺の加工を持ちまして、Ver.1.0としたいと思います。

あきらめたこと、
①トリガーの形状(映像では2つの大きい丸穴に小さい4つの丸穴)
 →加工技術も道具もない。
②セレーションの形状(映像では垂直)
 →削ってから、型とって、貼り付ける・・・むーりー
③”NM 7267719"の刻印(映像ではスライド左側に刻印されている)
 →自分で彫ってもいいけど、きれいに仕上げたい。
④フィーディングランプの磨き(鏡のように(ry)
 →エアガンでは・・・錆びたり、ジャムったりしそうなのでやめます。

このうち、刻印については後からでもできるので、機会があったら実現したい気はします。
工賃2000円台でできそうなので。

いまは早く形にして撃ちたい衝動に駆られているので。
冬になって、作動しなくなったら考えたいと思います。
刻印入れたらVer.2.0にしたいと思います。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 0

コメントはまだありません。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。