サバゲー参加日

戦績

  • ヒット -- 回
  • キル -- 回
  • フラッグゲット -- 回

一緒に参加した人たち 0

一緒に参加した人はいません。


original_file

1月21日、仕事終了後に千葉のU-BOXで貸し切りゲームをやってきた。
先日知り合ったKさんがクルマで新所沢駅に迎えに来てくれ、新所沢突撃旅団のリーダー・Sさんとともに、フィールドへ向かった。

U-BOXで遊ぶの初めてだが、二階にも様々なルートがあって、戦術性の高いゲームができそうだと思った。

今回俺は、新装備で臨んだ。
銃はカスタムしたMP5K(クルツ)。
この日のために買ったオークリーのグローブ(パチもの)、X-TAKのエルボー&ニーパッド(パチもの)を装着し、タクティカル度アップ。
しかし、ウエスタン要素を抜かしては俺ではない。
ステットソンのハットに、コルトSAAを納めたウエスタンガンベルト。
ライダースジャケットと相まって、なんかB級映画の主人公みたいになったが、これはこれで気に入った。
ウエスタンガンベルトにダンプポーチなんて、なかなかいないだろ(笑)

今回の貸し切りゲームは、多方面から総勢で21名が集まった。
2チームに分かれ、19時から24時まで、フラッグ戦、メディック戦、最後にタッグを組んでのバトルロワイヤル戦を行った。

クルツのHOP調整やダットサイトのゼロインをやってなかったので、慌てて大雑把に調整した。
最初の数ゲームは男性はセミオート、女性はフルオートで戦ったのだが、セミの調子が悪くフルの指切りでやったりしたが、グダグダだった。
Ver.3メカはセミが不調になりやすいようだが、スプリングをもうひとつ弱くするか、ギアや軸受なんかも交換した方がいいかもな。
あとはスイッチ関係か。電動ガンはめんどくせえな(笑)

フルオート使用可になったので、とりあえず撃ってりゃなんとかなるなと思ってたらバッテリーが切れ、全然活躍しないままクルツ沈黙(笑)
やっぱ俺電動よりエアコキのウィンチェスターの方がいいわ~とか思ったけど、とりあえずSさんから電動USPを借りて以降のゲームに臨む。

大して汗もかかず休憩時間の長い俺だったが、Sさんと2マンセルで行動し、小屋の中の敵をUSPの連射で排除、そのままSさんのバックアップを受けフラッグをゲットし、なんとか面目躍如することができた。
インドアでは電動ハンドガン強いな。

Sさんは今回も大活躍で、フラッグゲットしまくっていた。
Sさんと俺はサバゲの考え方が一致していて、FPSのようなアクションシューティングゲームではなく、俯瞰でフィールドを見、チェスや将棋のようなシミュレーションゲームとして捉えている。
フィールドが盤面、プレイヤーが駒、フラッグが王だ。
駒の取り合い(撃ち合い)というのはあくまで過程でしかなく、最終的に王手をかければいい。
俺はかじった程度だが、Sさんは古今東西の兵法書、戦術指南書などにも通じている。
黒澤明監督の映画『七人の侍』は、見た目がリアルな戦争映画よりよほど組織戦闘のお手本になるというのが二人の共通意見でもあり、そんな二人だから、ここぞという時に息の合った連携を取ることができた。
例えるならSさんが島田勘兵衛、俺が七郎次。

まあしかし、遊びは最後に楽しんだものが勝ちだ。
『七人の侍』でも、菊千代のスタンドプレーは印象に残る。
最後のゲームで俺はコルトSAA一挺で闘った。
気配と足音を消して二階から忍び寄り、一階の敵を仕留めることができた。
まあ、インドアだし普段のウエスタンブーツ&拍車ではなく、ジャングルブーツだったしね。
拍車ガシャガシャ鳴らしてたら、また違う結果になっていただろう。
でも、弾がまっすぐに飛んでよかったな(笑)
リボルバーは構造的にチャンバーが六個あるので、一つひとつ弾道が変わりやすい。

そんなわけで、仕事後のサバゲはなかなかにしんどかったが、初めてのU-BOX、とても楽しめた。
次回は2月5日、デザートストーム川越定例会に参加予定。
もちろん夕陽のガンマン。
調整のためにクルツも持っていくか(笑)

さて、今日は休みだし、久々に『七人の侍』でも観るか。
ちなみに俺が好きなのは久蔵。孤高だよな。

original_file

original_file

original_file

original_file

original_file

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 4

これ以上ありません。

derek.45

derek.45

おぉッ、カッコイイッ(゜∀゜;)!

クルツとアーティラリーが見事に共存していて、何と言いますか【ワイルド7】の登場キャラにいてもおかしくない存在感です(^ω^)!

現代装備にリボルバーを組み合わせるのは、なかなか至難な部分ですが、大いに参考にさせて頂きます(・∀・)!

ノーマル、チューンドを問わず、電動ガンは面倒ですよね(苦笑)。パーツのチョイスと調整、バッテリーのマネージメントという部分に関してだけでも、気になるだすとキリがないと言いますか(;^ω^)ムシロ、ラジコン?

ちなみに【七人の侍】は私も久蔵が好きです。

【荒野の七人】ならヴィン(スティーヴ・マックィーン)が一番好きですが(笑)

はがね

はがね

>derek.45さん
そういえばいま、映画『ワイルド7』公開中なんですよね。
そろそろ終わるのかな?
まあレンタルでいいか(笑)

ラジコンから入った人はみんなメカ詳しいから、電動ガンのチューンはお手の物ですもんね。
チューンした電動ガンにこだわる人、タクティカルな動きにこだわる人、実物装備にこだわる人、コスプレの人、いろいろいますが、プレイヤーの数だけ楽しみ方はあると思います。

僕にとって電動ガンはほんと余興ですからね、あまり手間をかけたくはないのですが、簡単なとこでハイトルクモーター入れてみようかな、と思ってます。

『荒野の七人』だと、僕はジェームズ・コバーンが好きですね。
最期のナイフが泣けます。
『七人の侍』における久蔵なんですよね。
子供のころからもう30年、『ルパン三世』の次元大介に憧れているので、やっぱ渋いキャラが好きですね。
M19もいずれ欲しいですね。
憧れの一挺ですが、楽しみを先にとっておいてます(笑)

「七人」つながりですが、『セブン・ウォリアーズ 忠義群英』という映画はご覧になりましたか?
少し前にGyaO!でやっていて観たのですが、『七人の侍』『荒野の七人』を匪賊が横行する中華民国初期の武侠ものにしたしたような香港ムービーでした。
まんますぎて苦笑する部分もありましたが、男たちの死に様はなかなか熱いものがあります。
いろんな銃器が出てきて面白いですよ。

derek.45

derek.45

私も【ワイルド7】はレンタル待ちですね(^ω^;)ナントナク

確かにプレイスタイルは人それぞれ・・・・・・私、どちらかと言えば、ゲーマーよりもガンマニア寄りなので、装備の公証には興味が薄いんですよね(笑)。

ですが、ウエスタンだけはガッチリと拘りたいジャンルであります(*゜ω^)b

電ガンでウエスタン装備に向いた物があれば、はがねサンに余興以上の何かをもたらしてくれそうな気がするんですが・・・・・・やはりM1917のフルスクラッチしかないですかね(笑)。

ジェームズ・コバーン・・・・・・ブリット役ですね(^ω^) SAAよりも速い投げナイフ! SAAのダブルハンド射撃も印象的でしたね〜

次元がお好きなのは、吹替の小林清志繋がりでもありますかね(・∀・)? M19は永遠のマスターピースですね。 必要にして充分、虚飾が一切ないリボルバーの基本形に思えます。

ちなみに兵隊やくざ氏が大好きでしてね。 確か、タナカのだけで5挺は持ってるはず・・・・・・(;^ω^)ハハハ

セブンウォリアーズ、未見ですが、確かトニー・レオンが出てましたっけ(゜∀゜)?

あのテイストが出てるなら見てみたいですね。香港特有のアツい展開も期待出来そうですし(笑)

はがね

はがね

ブローニングM1917がモデル化されたら欲しいですけど、結局自分では使わない気がしますね。
イーストウッドが使ってないから(笑)
チームメイトに援護して貰って、自分はSAAで突っ込むみたいなのがいいですね。

小林清志さんは最も好きな声優ですが、そもそも僕が最初に憧れた男が次元大介なんですよ。
小学一年か二年のころだったと思いますが、拳銃、ウイスキー、煙草などのアイテムに大人の匂いを感じてしびれましたね。
現在ウイスキーを飲みハードボイルド小説を読むのも、たぶん次元大介の影響です。
でも吸ってる煙草の銘柄はポールモールじゃなくてラッキーストライクなんですが(笑)

兵隊やくざ氏、すごいですね。
4インチの一挺くれないかなあ(笑)

セブンウォリアーズ、トニー・レオン出てますね。かなり若いです。
パクリと言うのは簡単ですが、でも自国の時代背景とかうまく組み合わせたと思いますよ。
ブローニングM1917も出てきたような。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。