総合評価

3点(普通)

コルトSAAと並び、西部開拓時代を象徴する銃であるウィンチェスターM1873。
今回はKTWから発売されているエアーコッキング式のウィンチェスターM1873カービンについて、独断と偏見でレビュー。

見た目や質感について

3点(普通)

original_file

フルメタルの外観が超リアル。
ほのかにブルーがかったフレームがたまらない。
ストックをアメリカンウォールナットの木製に交換すると、質感超MAX。
玄関に飾っておきたくなるぞ。

初速や集弾性について

3点(普通)

個体にもよるが、だいたい初速90m/s以上は出るようだ。
私の銃はだいたい92~95m/s。
0.25弾でも86m/s以上出る。

集弾性も上々で、30mならヘッドショット、40mでマンターゲットに当てられる。
素晴らしい性能だ。

剛性について

3点(普通)

フルメタルなので基本的には高いが、フレーム部と銃身の接合部がやや弱い。
以前側面を派手にぶつけてから、少しぐらつくようになってしまった。
それでも性能は変わらない。大したもんだ。

持ち運びやすさ(重さについて)

3点(普通)

思ったよりも軽い。
その気になれば片手で構えることも可能。
木製ストックに替えるとちょっと重くなるが、同じ全長の電動ガンよりは軽いと思う。

取り回しの良さ(全長について)

3点(普通)

個人的には程よい長さ。
普段から固定ストックの銃を使っている人なら、問題はないだろう。

カスタムについて

3点(普通)

性能アップのためのカスタムパーツは販売されていない。
外装パーツとしては木製ストックとスコープマウントベースが販売されている。
ノーマルでも充分な性能だが、チューンしようというなら自分で工作するしかない。

ゲームでの使用感

3点(普通)

装弾数は37発。
フルオートでばら撒くわけではないが、撃ちまくっているとやはり弾は足りなくなる。
チューブ型のマガジンは携帯しづらいので、私はいつもポケットに予備弾を入れ、弾が尽きたら1発ずつマガジンに詰めている。

レバーアクションのエアーコッキング式で連射はできないが、射程や集弾性は高い方なので、充分に闘える。
スコープを載せればさらに精度の高い射撃ができるだろうが、西部の男ならやはりオープンサイト。
その1発に魂をこめろ!

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 4

これ以上ありません。

derek.45

derek.45

ゲーム日記を読んでから、このレビューを読むとホントに欲しくなりますね、コレ(笑)

40mでマンターゲットに集弾するならば、電動ガンと同じステージで戦えますね!

ましてや、ガンファイター的な没入感はコチラの方が電動よりも遥かに上・・・・・・!

まるで、はがねサンのウエスタン魂を具現化したような一挺ですね(*゜ω^)b

はがね

はがね

まあ、命中精度は自分自身の調子で変わりますけどね(笑)
でもほんと、闘えますよ。
コルトSAAとともに、このウィンチェスターもなくてはならない一挺ですね。
一発入魂です。

zrx8901

zrx8901

今日届く!今日届くんだー!!
僕も一発に魂こめます!

はがね

はがね

>zrx8901さん
もう届いたかな?
いいでしょ?(笑)

何年か前、某フィールドのレンジでVSRの友人と張り合って40m先のターゲットに連続して当ててたら、そばにいた他の参加者が驚いてたよ。
こんなに当たるんですねって。

zrx8901さんも活躍できること間違いなしだ!

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。