飲んで帰ってきて、ご機嫌です。

ちくわです。

さて。サバイバルゲーム、という遊びを知り、実践(実戦?)に出るまでに、色々調べました。当時12歳。まだまだ牧歌的な雰囲気だった頃の話です。その時にうざいと思われてでもエアガン遊びしてた友達たちに言っていたのが、「ゴーグルだけは絶対かけなきゃダメだ」でした。

それから数年が経ち、学ランに袖を通すようになって、チームができました。かわいいものですが。その時チームメンバーに言っていたのは

「サバゲーは第三者のいない場所でやろう」でした。勿論今にして思えばそれだけでマナーを守ってる気になっているのはちゃんちゃらおかしいですが。

そして今。
先日、初めてサバゲーに行く友達に、これだけは何度も言いました。
「武器も服もゴーグルも貸してくれる。必要なのは、撃たれる覚悟とデカい声でのヒットコールだ。」

私は内部カスタムもできませんし、外装はポン付けでなければ危険です。ファストドロウのテクニックもないし、誰かを引っ張るリーダーシップもありません。

が。

そんな私も、唯一つ人に誇れることがあります。

それが「ヒットコール」です。
別段面白いヒットコールや声がでかい訳ではありませんし、出来て当然のことですが。
この遊びをするにあたって、「最低限絶対できなければいけないこと」をきちんと出来ます。当たった気がしたらヒットコール。手を上げて、大きな声で晴れやかに。
多少痛くても、痛ぇと言わずにヒットコール。
自分の好きな装備をして、フィールドに立ち、自分の持てる力で立ち向かった相手に負けたのです。相手を讃えずして、何をしましょう。ヒットコールは自分の相手をしてくれた先方への感謝です。

…と、偉そうに書きましたが、年がら年中撃たれまくってるだけですがね…orz

昔頭を出した瞬間に眉間をぶち抜かれた時は条件反射で木に隠れつつ
「おぉお…ヒット!!」
と感動してて遅れましたが。
ヒットコールが出来る限り、私は味方にどれだけ迷惑かけようと、1人もキルできずに撃たれようと、フィールドにいたいなと思います。そして、毎ゲームごとに「ヒットォおおおおぉー!」と響かせたいのです。

逆に言えば、これが出来なくなった時は、私は本当の意味で身を引くべき時だと考えています。無敵のヒーローになりたいならCoDでもやっていればいいのです

撃って撃たれて、痛くて怖くてでも楽しい。だからサバゲーはやめられないのです。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 3

これ以上ありません。

はんたー

はんたー

その通りですね!自分も新しく友人を誘うときはヒットコールの大事さをきちんと伝えていきたいと思います

やまぎょ

やまぎょ

こんにちは!初めまして!
相手在ってのサバゲーですよね!
フィールドでは一人一人が主人公です。
自分もヒットされたら大きな声で、、、

「ナイスショット!」
「ナイスエイム!!」
「ナイスアクション!!!」

、、、、叫んで相手を称えながらヒットアウトします。
これはヒット取った人も嬉しいですよね!

ダガー

ダガー

なんてすばらしいフェアプレイ精神なんでしょ
見習いたいです

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。