総合評価

3点(普通)

マニアの方ならピンとくるタイトルを付けました。
「赤い悪魔」ことWW2のイタリア製 着発信管のM35手榴弾
投げる前に暴発したり頻繁に不発があり、
友軍、敵も不発の物に気が付かないまま足などで触れてしまいドカン。
赤いボディの為、ついたあだ名が「死の卵」「赤い悪魔」
もちろん赤いのを購入しましたが、不発は起きません。
タイマー式は投げるタイミングと動作にクセがあるので、
追加でインパクトを買いました。
・罠線を張って、引っかかったらグレネードが落ちる
・ドアノブに乗せて、ドアが開いたら落ちる
・交戦中、身を隠した壁の真裏に敵が!!
そっと投げ込んでやれば、互いに0距離射撃に至らない。
・度胸試しに安全ピンを抜いてからのキャッチボール
・旧軍風にヘルメットに叩きつけて自決したり

見た目や質感について

3点(普通)

プラスチック感はモロに出てます。
あと表面処理がタイマー式と違ってイマイチで縞の様な白い筋があります。
これはロット差ですかね?

初速や集弾性について

3点(普通)

アスファルトや床の上ならば良い塩梅に飛び散りますが、
土、草、砂利の上などでは、うまく回転してくれません。

剛性について

3点(普通)

タイマー式を使いまくってますが、まだ割れや破損は有りません。

持ち運びやすさ(重さについて)

3点(普通)

スモークグレネードポーチやM4ダブルマガジンポーチにすっぽり入ります。

取り回しの良さ(全長について)

3点(普通)

M18スモークグレネードより小ぶりです。

カスタムについて

3点(普通)

無くさない様に目立つ色を購入し、ビニールテープを張って名前を書いてます。
グレネード本体に釣り糸を付け、着発信管を利用したブービートラップ。

ゲームでの使用感

3点(普通)

タイマー式よりもグンと使い勝手が向上して、実にサバゲー向きです。
地面は勿論、壁に当てても炸裂します。
投げる際に
「ぐれねぇぇぇどぉぉ~」って叫びたくなる人もいますけど
敵はすぐに隠れようとしますので
ワザと聞こえるように叫んでから間隔をおいて投げると、
「あれっ!?グレネード来ないじゃん?」
ってなる人がいますので、「ヘヘヘっ掛かったな」って美味しい思いができます。
この戦法で敵のベテランの人に裏取りされて......
バリケード越しで困った時、落ち着いて投げればHITをとれます。
勿論、投げる際はアンダースローで優しさを忘れてると、
流血しますので気を付けてください。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 0

コメントはまだありません。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。