先日の『サバゲーアマチュア無線クラブを作りたい』に対して『サバゲーでアマチュア無線を使ってはいけないのでは?』というコメントが多かったので、一アマチュア無線家としてまとめたいと思います。

まずアマチュア局とは何か
『金銭上の利益のためでなく、専ら個人的な無線技術の興味によつて自己訓練、通信及び技術的研究の業務を行う無線局をいう。』と電波法で定義されており、国際電気通信連合憲章でも『金銭上の利益のためでなく、もっぱら個人的に無線技術に興味を持ち、正当に許可された者が行う自己訓練、通信及び技術的研究の業務』と定義されています。
噛み砕いていうと『業務用に使う以外のすべての無線』といったとこだと私は思っています。

サバゲーでのアマチュア無線の利用はなぜいけないと言われているか?
恐らくサバゲーでの利用がアマチュア業務の範疇を超えている、との判断からだと思います。
しかし関東総合通信局で狩猟におけるアマチュア無線利用に関して次のような見解を示しています。
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/re/info/dog/index.html
狩猟においてアマチュア無線を使ってはいけないという文言はありません。狩猟はレジャーですからこれはサバゲーにおいても同じであると思います。
また信越総合通信局は次のように示しています。
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/denpa/at/at.html
こちらも『レジャーで使ってはいけない』とは書かれていません。
また『アマチュア無線はレジャーで使えます@ ウィキ(http://www24.atwiki.jp/katuotataki/)』の管理人の方は九州総合通信局に次のように問い合わせています。
『アマチュア無線に関しない雑談をアマチュア無線を使って利用することは可能でしょ
うか?
例えば、狩猟の場合では動物の動向の連絡、登山なら天気の話題やルート確認
また、大きな範囲での日常的な世間話など。
これら話題をアマチュア無線を使ってするのは可ですか?不可ですか?
わかりやすい理由も教えてください。』
それに対し九州総合通信局は次のように回答しています。
『 上記と同様に、狩猟、トラック、登山において、連絡手段として使用し、通信の中
で自己の呼び出し名称を発呼し、世間話を一時的にすることは可能であります。
ただし、狩猟、運送業、登山を業として営んでいるものが、その業務(仕事)のみの
目的達成のためにアマチュア局を反復・継続的に使用することは出来ません。このよ
うな場合は、アマチュア無線ではなく業務用無線を使用することとなります。』
(http://www24.atwiki.jp/katuotataki/pages/16.html)
と、『利用しても大丈夫』という見解を示しています。
以上のことよりアマチュア無線のレジャーでの利用は可能だと私は思っています。(確かに厳密にいうと若干グレーゾーン的なものであることは否めませんが)
そもそもそれが許されないのであればたとえばトラックのアマチュア無線など雑談しかしていませんし、ほかにも電話ごっこ的利用はすべてダメだということになります。

一部OMさんの中にはそのような利用を著しく嫌悪する方もいらっしゃるようですが、それ自体が今の無線離れの原因にもなっていると思います。
私としては電話ごっこであろうとそれで無線へ興味を持ってそこから本来のアマチュア業務にも関心を持ってもらえればそれでいいと思っています。

結論:ちゃんと国家試験を合格しまたは法定講習を修了し正当に免許を受け無線局を開局したものであればレジャーでアマチュア無線を利用しても問題はない。

以上が私の個人的なアマチュア無線のサバゲーへの利用に関する見解です。
ご参考にしていただければと思います。

またこれをお読みいただきサバゲーアマチュア無線クラブの設立に賛同・協力いただける方は
http://svgr.jp/my/mackie_ma/diaries/11866
までレスのほどよろしくお願いいたします。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 6

二等兵見習補佐ナガシマ

二等兵見習補佐ナガシマ

俺は超能力者なので主にテレパシーでやりとりをしております。
はい、もちろんウソです。ウソついてすいませんm(._.)m
でも、このサイトでいろいろな質問があがるととても勉強になります。
自分もアマチュア無線に関して調べましたが、この件があちこちで議題に上がっているのを知りました。みなさんアマチュア無線大好きなんですね、
とりあえずとても敷居が高く感じたので俺は次のサバゲーは糸電話を自作するつもりです。

TANG

TANG

初めまして、TANGと申します。
サバゲーでのアマチュア無線の利用に関しては反対ではありませんが、試験と初期投資が高いため、なかなか使えないのではと思います。
また、レジャーでの使用に関してはグレーゾンだし、そもそもサバゲー自体は厳しい目で見られていますので、なるべく避けたいところですね。

レジャーで使用なら、簡易無線(デジタルパーム)はあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/簡易無線
こちらはレジャー使用可かつ試験は不要(登録が必要ですが、貸出は可能)です。
出力も5Wまでとなっていますので、経験上5KM超えでも通信可能です。

もし、サバゲーで特小に不満を感じるなら、こちらではどうですか?

まっきー

まっきー

>>のぶ様
コメントありがとうございます
命にかかわることであれば非常通信で行えばいいので、たとえばそっちに動物が行ったぞ、などというのはその理論でいうとやってはいけないことになりますよね
そもそもアマチュア無線を命に係わることに使うこと自体おかしいとも思います
アマチュア無線は『趣味』の無線であり、基本的に『人命救助・保護』のためのものではありませんから

>>ナガシマ様
ありがとうございます
個人的にはサバゲーを通じて無線仲間を作ったり、皆さんがアマチュア無線に興味を持つきっかけを作ったりなどしたいとも思ってます

>>TANG様
(実は自分がもともとアマチュア無線やる人だからそっちでやりたいって魂胆があるなんて言えない・・・

ヤマノカミ

ヤマノカミ

アマチュア無線での利用は,以下の2点だけ守れば大丈夫だと思います.
・暗号化の符号で通話しない.(例 こちらロミオ64(←ここが意味不明) 搬出準備完了.)
・こまめにコールサインを互いに言い合い,サバイバルゲームでの通信を行っていることを説明する.
(例 こちらは,7N4○○○局,Aと申します.(←ここを必ず言う)これから,アマチュア無線を利用してサバイバルゲームの運用します.JA1○○○局のBさん.応答願います.(←ここを必ず言う))

ちなみに,自分もアマチュア無線を開局してますが・・・チームメイトが特小しかもてないため,利用してません.

特小で運用していて思うのですが,声が大きいと隠れている場所がばれて,集中砲撃されます.アマチュア無線で運用すると,通信内容が多くなり発見されやすくなるので,運用方法は難しくなると思います.

ぜひ,運用してみて感想をお聞かせください.みんなの参考になるはずです.

まっきー

まっきー

>>ヤマノカミさん
コメントありがとうございます。
その辺はもちろん了解しております。
アマチュア無線の基本原則ですし、そのほか法規定は当然守った運用をいたす予定です。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。