次のサバゲのためにメンテしていたら、電グロさんのFETがお亡くなりになりました。
極小サイズのものとはいえ、バッテリースペースが狭くて、ひょうたんみたいな部品から信号線が断線してしまいました。
半田で補修することすらできませんでした。

予備のFETさんはあるけど、このまま取り付けても同じことの繰り返しなので、モーターに取り付けるSBDに変更することに。
ちょうど、グリップ内のモータースペースには良い感じのスペースがあります。
SBDはこの前買ったM4に付いているものを流用して、予備FETをM4に。
ついでなので、リポの接続をミニ2Pコネクタを追加して高効率化にします。

FET化の時も思ったけど、電グロの配線は剥き出しのところが多くて作業が楽です。配線スペースの加工は、多少必要ですが…。
モーターコネクタ部も剥き出し、トリガースイッチ部もちょと削れば剥き出しにw
ニッ水も使用できるように、バッテリーホルダーは残しました。
(どこかで見かけた加工を参考にさせて頂きました。)
写真は撮り忘れました。
作業中はどうも忘れがちですよねw

作業後チェック。
サイクルが、計測しなくても良くなっているのが分かります。
いや、ちょっと、あからさまに上がると給弾が心配です。
独特の給弾方式ですし、どのくらいサイクルが上がっても大丈夫なんでしょうか?w
今度、サイクルと給弾のチェックしなきゃ(´Д`;)

次回はM4のFET化です。
前配線なので苦労してます。
では、また。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 0

コメントはまだありません。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。