サバゲー参加日

戦績

  • ヒット 0 回
  • キル 0 回
  • フラッグゲット 0 回

一緒に参加した人たち 3


thumbs_DSC07237.jpeg

少し遅めのデブリーフィング(帰還報告)。
写真は、メディック待ちつつ味方を撮影の図w

G.Wの休みは1日しかなかったのですが、参戦してきました。
初のアサルトさんです!

ゲーるで知り合った、せんせいさん、よっしーさん、マーさんと、ご一緒させて頂きました!
特にせんせいさんには、セーフティーで相席させて頂いたりとお世話になりましたー!m(_ _)m

では、戦果報告を…w
当日は持ち込んだ長物2丁がトラブル。orz
手元に残ったのは、セカンダリのガスブロ&電ハンのGLOCK18Cのみw
レンタルも考えましたが、使い慣れた獲物の方が戦果があがると判断。
幸いにもロングマガジンも持ってきていましたしね。

市街地フィールドとはいえ、野外でハンドガンのみとかゾクゾクするぜ!ってことでメインはガスブロGLOCK18Cを選択。(笑)
さらに追い込んでるように見えますが、こいつとは2年の付き合いで、シューティングマッチもこいつでやってましたから。
弾上がりとトリガーレスポンスが良くない電ハンよりも信頼しているのです!

戦術は、足を使って有効射程まで隠密もしくは翻弄→トリガーレスポンスを活かして先手を取る。といった感じ。
先手を取られたら無理をせず、注意が逸れるまで芋りますw

やってみると、これが中々ハマりました。
ガスブロGLOCKの動作も快調で、30m先の敵からもヒットが取れました。
トータルは数えてませんが、初フィールドの初戦で3キル、最大で6キルなら上々です。
バリケごとの距離も程よく、外周には塹壕もあるうえ、セミ限定のゲームが多く、相性が良かったのでしょう。

フィールドの感想としては、30対30が適正な広さ。
視界は開けているものの、バリケ位置も絶妙で無敵ポイントはなし。
話によると定期的に位置換えをしているそうです。
一応、注意点としてはバリケに隙間が多いので、抜けてくる弾にも気を付けないといけなかったですかね。(だからセミ戦が多いのかな?)
櫓、塹壕、土を盛った小山もあるので、スナイパーやガンナーも楽しみやすい良フィールドでした。

最後になりましたが、参加者も個性的な方が多く面白かったです!
10人近い少年兵を率いる、せんせいさん。
大人なディフェンダータイプかと思いきや、しっかりフラッグゲットしていたマーさん。
フィールド狭しと縦横無尽に走り回る生粋のアタッカー、ヨッシーさん。
他にも日本兵やら、ヨルムンHCLI装備の人、娘さんと参加のパパさん、美人なお姉さんw、等々。
極めつけは、5/6放送のフジTV番組「グッティー」の取材!
15時くらいのショートコーナーで放送されるらしいです。
サバゲーが安全で楽しい遊びだと、もっと認知されると嬉しいですね♪

thumbs_all2.jpeg

P.S.動画は後日あげます。偶然の産物、アクロバティック・ドアエントリーの編集に悩んでおりますw

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 10

むら

むら

ヨッシーさん、お疲れ様でしたー。

そう!中央砦の特攻はまさに僕です!
あの時、転びそうになったので、飛び込み前転を決めながらのドアエントリーになってしまいました(笑)
あーいう人が居そうなところに入るのけっこう好きなんですwww

是非是非、またお願いしますー!(^^ゞ

せんせい

せんせい

お疲れ様でした♪(^-^
ホント、むらさんがいてくれて良かった!!

僕は銃やサバゲーの知識に乏しいので、少年達に聞かれて困っていたのです。
事前にむらさんの事を知らせており、「詳しい人だから、いろいろ聞くと良いよ」と言っておいたのですw
もう少し私も少年兵たちも慣れたら、もっとプレイスキルを磨こうと思いました(^^;

ゲッター1

ゲッター1

再びです(^^)/
3挺言っても…
共通マガジン銃×2・サイドアーム×1
1挺がトラブル。起こしても切り替えて使えます
それで…トゥーハンドで無いです(笑)
後、10m内ならば狙う必要なく当たります(^^;

むら

むら

せんせいさん、ミリオタ崩れのアドバイスならいくらでもーwww(^o^)/

自衛官の子達は本職の訓練を積んだら、一般人にはかなわないレベルになると思うので、そしたら色々教えて貰いましょー♪(僕も教わりたいのでw)

むら

むら

げったーさん、なるほどー(^^)d
10mで狙わないのはすごい!
そういえば、ラムラムの定例会に行ってましたもんね♪
あそこはインドアの猛者達が集まるイメージがあるので、僕じゃ敵わなそうだなー(笑)

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。