DCIM0178.JPG

こんばんは。
タイトルの通り、TOPのM4にKAC URX3のレプリカを組み付けました。
作業工程の写真は撮り忘れたので完成状態だけを…
…背景にももうちょっと気を使いたいですね

手順については、各社電動M4とほぼ同じだと思います。
デルタリングもフロントポストのピンも難なく抜けましたし、レプリカの精度もひどすぎるって事はないようで加工することなく取り付けできました。
ただ、ハンドガードをねじ込むときグリス等を塗って慎重に作業をしたほうが良かったかもしれないなーとは思います。

今回URX4やノベスキー等の最新フリーフロートハンドガードを選ばなかった理由としては
・安かったから
・HOP調整が楽だから
の2点です。
ヤフオクを物色していたところURX3本体とバレルレンチ、ハンドストップやパネルがセットで1万円以下になっていたのを見つけたのでつい買ってしまいました。
HOP調整が楽、と言う点ですが、URX3はハンドガードの下側がRISのように外れるんです。
TOP M4はHOP調整の方法がWA M4と同じなので、バレルの下側に簡単にアクセスできると嬉しいのです。

ハンドガードが変わったことですし、次はグリップとトリガーガードを変更しようと思います。
そしてせっかくなので流行のショートスコープなんかものせたいですね
今後が楽しみです。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 0

コメントはまだありません。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。