DSC_0075.JPG

こんにちは。
以前マグプル5.56の実物とレプリカを比較した日記を書いたのですが、今日はTMC製JPCレプリカの残念ポイントに気付いてしまったので、忘れないうちに記録しておこうと思います。

多弾マグを使うのであれば、一本あればワンゲームで使い切ってしまうことはそうないでしょうし、予備マガジンの心配は特に必要ないかと思います。
しかし、スプリング給弾のマガジンを使っている限り、マガジンの運搬方法は深刻な問題です。
選択肢としては、所謂タクティカルベストやチェストリグ、あるいは写真のようなプレートキャリアが挙げられます。
ベルトにマグポーチをいくつか配置する方法もありますね。
私がこのJPCを選んだ理由は腕に親父の刺青を入れたあの人も使ってるとか最初からマガジンを入れるスペースがあるとかいくつかありますが、端的に言ってしまうとカッコイイからです。
また、このTMC製レプリカは実物や他社製品と比べて非常に安いです。
お店によっては7,000円程度なので、入門用装備としては有用でしょう。
それなりに気に入ってはいるのですが、使っているうちにいくつか問題点が見えてきました。

まず一つ目として、前面のマガジンを入れるスペースがかなり狭いです。
というのも、マチがない構造なのでマガジンを入れるとふくれてパンパンになってしまいます。
使用上特に問題はないのですが、前面のモールに追加でポーチ類を配置する場合に支障がでるかもしれません。
そして見た目も悪いです。
ですので私はGHOST GEARのマグポーチを前面に配置して使っています。
こうすると若干ですが体から保持位置が離れるためマグチェンジもしやすく使い勝手は向上します。

…が、ここでまた一つ問題点が浮上します。

モールのつけ方.jpg

サバゲをする方ならご存知の方がほとんどかと思いますが、ここで一応モールシステムの使い方について簡単に説明します。
ペイントでさっと描いた非常に簡易的な絵ですが、たぶんこれでお分かりいただけるかと思います。

この絵は、パルスウェビングのついたプレートキャリアとマグポーチを側面から見た断面図です。
青い実線がプレキャリ側の本体、青い点線がプレキャリ側のモールウェビングです。
そして黒い実線がマグポーチ本体、黒い点線がマグポーチ側のウェビングです。
そして赤い実線がマグポーチから生えている接続用の帯ですね。
左側が正しいつけ方で、右側が仮止めの状態です。
仮止めの状態でも保持は可能ですし、そう簡単に取れたりはしないのですが、左側のようにしっかりウェビングに帯を通したほうがより強固に固定できます。

でもコーデュラナイロンってちょっとかたいですし、ちゃんと接続するのはちょっと面倒だったりします。
なので私は横着してついこの間まで図で言うところの仮止めの状態でマグポーチをつないでいました。
これで特に困ったことはないのですが、せっかくなのでしっかり付け直そうとしたところで気付きます。
なんだかウェビングが妙に窮屈です。
ちょっと気になってモールシステムについてネットで簡単に調べてみました。

ウェビングにはいくつか種類があるものの、米軍が採用しているモールシステムは1インチの帯を1インチの等間隔を開けて配置しているようです。
一般的に言うモールシステムと言うのは、この米軍が採用している規格のものを指す場合が多いようです。
JPCにメジャーを当ててみると…

DSC_0082.JPG

帯は2.5cmですので大体1インチですが、間隔が2cmと少ししかありません。
マグポーチは2.5cmずつでした。
これでは窮屈なはずですね。
大きな問題ではありませんが、多数配置されたウェビングはJPCの売りの一つでもあります。
それがこの微妙な使い勝手の悪さは…如何とも言いがたい。
TMCはコスタレッグリグやD3チェストリグ等、目の付け所はいいのですがどれも使い勝手が微妙すぎます。
D3チェストリグに至っては寸法が違ったり一部機能が簡易化されてたりで評判はかなり悪い模様です。
まぁ安いですし我慢と工夫でどうにかできなくもないのですが…

さて、今回はTMC製品の駄目なところばかりに目が行ってしまうような日記になってしまいましたが、トータル的に考えればこのJPCレプリカは悪くないモノと言えるでしょう。
理由は、やはり値段です。
JPCは実物を手に入れようとすると4万円ほどしますし、レプリカでも1万円を切ることはまずないです。
ですがTMCならダミープレートもついて7,000円から9,000円です。
見た目はばっちりJPCですし、持っておいても損は無いんじゃないかと思います。
…ですが私としてはウェビングの窮屈さでげんなりしてしまったので、そのうちヤフオクに放出するかもしれません。
もし「譲ってくれ!」って方がいらっしゃいましたら、コメントいただければ検討いたします。
次はS&Gのちょっとお高いJPCレプリカにするか、それともまた別のプレキャリにするかは検討中です。

また長くなってしまいましたが、今日はここまでにしようと思います。
ここまで読んでいただいてありがとうございます。
上に書いたようにプレキャリの買い替えを検討中ですので、オススメの製品がある方はコメントいただけると幸いです。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 3

これ以上ありません。

シマ4代目

シマ4代目

自分もTMCのプレキャリとチェストリグを持っています。
プレキャリのほうは日記にもあるとおりモールのウェイビング幅が狭かったり微妙。

そして・・・D3
これは酷すぎましたww
5.56のマグポーチパッツンパッツンですww
入れるのに一苦労w
ユニバーサルポーチに至ってはこの狭さ何が入るのか?
という感じですw
まあ貧乏なので我慢して使います。

K

新着から失礼しますー。
D3のレプは、まぁレプだからこんなもんだろうと採寸の酷さは諦めました。多分個体差もあると思いますが、私の場合、左側の一番目は絶対にマグ入りません。他はまぁギリギリ入るのですが、ハンドガンのマグポーチもガバガバで、割と萎えました。以降、TMCのレプは避けるようになりました…。

ぐらお

ぐらお

シマ4代目さん。
コメントありがとうございます。
TMCの魅力は、シルエットはそれっぽいってところですよね。
D3チェストリグは他にレプリカを見かけませんし、割り切って使うのならありなのかもしれません。
実銃と合わせて使うわけではありませんし、なんとなくそれっぽい形をしていればOKなわけですからね。

Kさん
コメントありがとうございます。
私も安さに負けていくつかのTMC製品に手を出しましたが、このメーカーの作るレプリカはもう買わないと思います。
しかし検索してみるとどうやら本職の人でもTMC製品を使っている例があるそうなので、用は使い様ということなのでしょう。
通販で買うと賭けになってしまいがちですが、店頭で実際に手にとって選べば納得の行く買い物になるかもしれませんね。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。