こんばんは。
先日も日記にて簡単な告知をしたのですが、10/31に幸手トレーニングベースにて貸切ゲームを予定しております。
参加者やフィールド経営者様の協力もあり、フィールドの適正人数くらいは集まりそうな目処が立ちました。
ですが、参加者は多いに越したことはないので、もしこの日にどこに行くか決めかねている方が居られましたら連絡いただければと思います。

さて、表題の件ですが…
サバゲの楽しみ方はまさしく十人十色であることは今更言うまでもないかと思います。
しかしながら、人気フィールドの定例会ではフィールドレギュレーション以外の制限をかけたルールの実施が難しく、(例えば、サイクルアップを施行した電動ガン+多弾マガジンがとにかく強い!というような)大味なゲームになりがちなことも事実ではないでしょうか。
このような現状に問題提起したいなんておこがましい考えを持っているわけではありませんが、せっかく貸切をするということで、当日は参加者にストレスかけまくりなゲームを試してみようと思っています。

その一例が、『コンシールドキャリー戦』です。
ご存知の方もいるかと思いますが、ミリタリー系イラストレーターのでど氏が考案した特殊なルールです。
簡単にルールを箇条書きにすると…

・コンシールドチーム×2と少数の治安部隊に分かれる
・基本的にはコンシールドチーム同士の殲滅戦
・コンシールドチームは武器の携帯が許可されるが、使用の際は必ず大声で武器の使用を宣言する
・治安部隊は銃声や不穏な叫び声を察知した場合、直ちに急行し脅威を排除する
・治安部隊にはヒット判定が存在しない

もうちょっと細かいところもありますが、大まかにこんな感じです。
私としては通常の殲滅戦やフラッグ戦よりもかなり魅力を感じるのですが、いかがでしょう?
これ以外にも、でど氏考案の面白そうなルールがいくつかあるため導入してみる予定です。
おそらく、こういった精神的な負荷がかかる状況では味方との意思疎通や連携をせざるを得ない状況が出来る可能性が高いのではと思います。
もちろん小芝居や茶番が発生する可能性も…
個人的な考えですが、サバゲは自分を縛ったほうが楽しめる場合が多いと思います。
その縛りが実銃の扱いに準拠してるとなおの事良し!という風な考えです。

簡単ですが、今回はこれで終わります。
何か気になる点等ありましたら、気軽にコメントいただければ嬉しいです。
それが参加表明だともっと嬉しいです。
それでは、ここまで読んでいただいてありがとうございます。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 3

これ以上ありません。

F-03

F-03

「自分を縛った方が楽しめる」との点に非常に共感です。火力は絞れば絞るほど色々と工夫が生まれるので、楽しいですよね。

オリジナルルールについては、要件が多ければ多いほど「・・・結局どうすればいいんだっけ?」と忘れてしまうので、徐々に要件を追加していく方式にすると上手くいくかと思います。

アネスティ

アネスティ

自分を律する!これにつきますね。
武者修業のつもりでリアカンやらガスブロ縛りやらを自らに課すことで、新たな楽しさが得られる。自分の成長に喜べます。
コンシールド戦、難しそうですが面白そうです。自分は行けませんが(;´д`)

ぐらお

ぐらお

F-03さん
コメント、助言ありがとうございます。
おっしゃるとおり、シチュエーションゲームを行う場合は制限の方法や程度には細心の注意が必要だと思います。
参加者の協力が不可欠な点も重要ですので、私の自己満足で複雑なルールにならないよう気をつけるつもりです。

アネスティさん
多弾マグが主流の今だからこそこういった遊び方に面白みが見出せると感じますね。
そしてGBBの楽しさが広まってほしいと思うと同時に、この自分を縛ることの楽しさを独占したいというジレンマも…
興味を持っていただけたのに残念ですが、機会がありましたら是非参加していただければと思います。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。