こんばんは。
どうもここ何ヶ月かで急にトイガンの数が増えたため、保管場所に悩んでおりました。
自分で木材を買ってきて製作しようにも、工具箱を覗くとそこに待機しているのはメガネレンチやスピナー、ラチェット、ソケット等々…ノコギリや釘の姿はありません。
かといって100均の壁掛けラックを使うのも私の趣味に合わないので、どうしたものかと悩んでいたのですが、アマゾンでリーズナブルなガンラックを見つけたので即購入です。
杜の工房というお店からアマゾンを通して購入しました。

DSC_0192.JPG

7丁掛けで6,000円ちょっとでした。
右から
・TOP M4
・ARES AM013
・マルゼン M870
・KJ ホークアイ
・WE T91
の順で立てかけてあります。
WE M4は諸事情によりフロントセクションがばらばらのため別保管です。
パイン材なので軽く、それほど高級感はありませんが、ご覧の通りライフルと接する面にはフェルトが貼り付けてあり、中々に機能的です。
写真には写っていませんが、底部のストックをかける部分にもしっかりとフェルトが貼り付けられています。
現状で不満はありませんが、強いて言うなら地震のときの転倒が心配なくらいです。
ですが、加工もそれほど難しい素材ではありませんし、工夫の方法ならいくらでもあると思います。
ガンラックとしてはお安いですし、10丁以下のライフルの保管であればオススメの製品です。
オーダーメイドにも対応してくれるそうですので、長物の保管にお悩みの方は一度コンタクトをとってみてはいかがでしょう。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 2

これ以上ありません。

塩コーヒー

塩コーヒー

お、これ前ヤフオクとかで見たな。
見た目が安っぽいのはお値段次第、と言えますが6000円は自作でもいいかなぁと思ってしまうお値段なんですよね。
番犬も居て防御は完璧ですねw

ガンラックの構造として銃を縦に置くのと横に置くのがあるけどどっちがオススメですかね。
M4(やマルイのG3SG1とか)首回りが弱いとされるのは縦向きでしょうが・・・

ぐらお

ぐらお

塩コーヒーさん
普段から工作を行う人であればこれに近いクオリティのものが自作できるかもしれませんが、私としては
・木材、釘、フェルト、ノコギリの調達
・図面を起こす
・作業場所の確保(確実に木屑だらけになるので…)
・仮組からやすりがけ等のすり合わせ
等々と言った手間や作業時間、費用を考えると結局この値段ならむしろ安いと思いました。
申し訳程度の演出でぬいぐるみを置いてみましたが、あんまりおしゃれにならずに安っぽく見えるのは私の写真が下手なせいもあると思いますw
また、パイン材の特徴として、時間が経つと色味が変化するというものがありますので、年季が入ってくるとまた違った見た目になるのかもしれません。

横掛け縦掛けに関しては、見た目の好みとスペースの使い方で選ぶのが良いかと思います。
横掛けの製品は基本的にラック部分の幅が狭く、自重による応力が少なくなるような製品が多いです。
縦掛けの製品についても、ライフルが垂直に近い角度で保持されるものがほとんどなので、やはり破損の原因になるほどの負荷がかかることはないと思います。
自作する場合もこういった点に気を使えば、保管方法が原因で壊してしまう可能性は低くなるでしょう。
私としては、横掛けのものは保持位置が地面から高くなるため落下したときのリスクが大きい点や、長さが違うライフルをかけたときの統一感の出しにくさがイヤで縦掛けを選びました。
個人的な好みとして、横掛けは木ストのトラディショナルなライフルやショットガンが似合う気がするというのも一因ですw
ですが、このタイプだとサブマシンガンや全長が極端に短いライフルには使用できない可能性があるので注意です。

なんだか長くなってしまいましたが、自作するにしても製品を買ってしまうにしても、少しでも参考になれば幸いです。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。