こんばんは。
昨日は当方主催の貸切でしっちゃかめっちゃかで自分のやりたかったこともやりきれなかったのですが、「知人からマルイハイキャパ5.1をもらう」という小目標は達成しました。
ということで、SCW 1911A1と外観の比較でもしてみましょう。

DSC_0220.JPG

かなり古い世代の人は別として、ハイキャパ5.1の存在すら知らない人なんてのはトイガン好きを自称するならばありえないとは思いますが、簡単に紹介しておきましょう。
今回紹介するのは言わずと知れた1911のカスタムモデルをトイガン化した製品ですが、実銃にハイキャパと名称がつけられたものは現時点では(たぶん)存在しません。
所謂ハイキャパシティガバメントと呼ばれる類のもので、通常シングルスタックの1911をダブルスタック化した拳銃です。
おそらく最も有名なのはSTIのレースガンなどでしょうか。
また、誤解されがちですがハイキャパという呼び方はマルイ製品独自のものでなく、KSCやWAからもレースガン風のダブルスタック1911が同じ名称で製品化されています。

DSC_0221.JPG

いつも通り汚い作業机としょうもない蛍光灯で申し訳ないのですが、刻印等の違いをなんとなく見ていただければ…
とはいえ私以外の人も散々この手の比較はしているでしょうし、今更新たな発見は無いかもしれません。
ミリガバのグリップをはじめて握ったときは厚みに驚いたのでハイキャパは一体どうなってしまうのかとおびえましたが、持ってみると差はそれほどありません。
ビーバーテイルや大型化されたサムセイフティ等、道具としての使い勝手はハイキャパが当然上ですね。

DSC_0222.JPG

ハイキャパのサイトピクチャはこんな感じです。
日本で普及しているトイガンはタクティカルなハンドガンがかなり多いため、特別サイティングしやすくは感じませんが…

DSC_0224.JPG

もとの1911がこれなので、比較すると極めて良好かなと。
サイト以外にもその大きさに起因する不便な点がいくつかあるのですが、100年前にこれだけ完成された拳銃を設計したブローニングさんは偉大と言わざるを得ません。
私は知識が浅いため多くは語りませんが、魅力的な拳銃であることはトイガンでありながらひしひしと感じられ、深みにハマって行きたい衝動に駆られます。

ミリガバとハイキャパを比べてみるとその差は歴然ですが、それぞれの長所と短所はトレードオフの関係にあるものと言えます。
道具として優位に立っているのは当然ハイキャパですが、娯楽品として情緒あふれる製品なのはどう考えてもミリガバです。

と、ここまでが製品としての比較ですが…
この個体(ハイキャパ)は知人が友人に貸し出し、その先で又貸しされたとのことで、状態としてはひどいものになってしまっているように感じます。
妙な擦り傷やガタがあるので、ちょっと手を入れてあげてきれいにしたいと思っています。
レストアというほど上等な仕事は出来ませんが、所謂ファインチューニングを行っていきたいです。
本当ならばチューニングと称しやたらと作動部品を交換するのは嫌いなのですが、今回は致し方ないです。

ということで、これからマルイハイキャパについてちょっとずつ知っていこうと思います。
今回はちょっと長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。
気になる点等ありましたら気軽にコメントいただければと思います。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 0

コメントはまだありません。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。