こんばんは。
今月の23日は久しぶりに定例会に参加できると思っていたのですが、雨予報なのでこのままシーズンオフとなりそうです。
ということで、来シーズンに向けてお買い物でもしようと思っていたのですが、気になるニュースが飛び込んできました。
先日チラッと日記に書いたのですが、私が愛用しているTOP M4の新作が発売になったようです。
VショーにもTOPのブースが出ていたようなので行きたかったのですが、予定を合わせられず…
動画も先日公開されていましたね。

製品名はURX3.1ですが、この動画を見るにURX3ですね。
おそらく既存のM4をベースにKACの刻印を入れ、電動ガン対応のURX3を組み込んだものと思われます。
ここまでなら既に市場に出回っているレプリカによって再現可能ですが、16インチ(のように私には見えます)のアウターバレルは非常に気になるところです。
M203用の段が無い点も私としてはかなりうらやましいので、アウターバレルだけ購入できるかTOPに問い合わせてみようかと思っています。
価格が7万円台とちょっと高額な商品ですが、魅力的です。
アンビの操作系やQDホールといったレシーバーの細かい点まで再現されていたら購入に踏み切っていたのですが…
もっと言うとちょっとした部品や刻印の変更だけで済ませたSR16風でなくセミオンリーのSR15をラインナップしてくれるともっと嬉しいのですが、電動ガンというおもちゃの特性を考えるとそれは酷なのでしょう。

どうやら噂によると来年にはカートレスverも発売予定らしいので、中古の価格が高騰している現在の状況が少しでも変われば嬉しいですね。
私としては、当初発売予定だったEBB AKを心待ちにしているのですが、当分先になりそうでちょっと悲しいです。

フィールドの定例会でTOP M4を使っている人を見たことがないのでPVっぽい物を作ってみたりもしたのですが、再生数は微妙な感じです。
特に使い方の説明とかをしているわけでもないのですが、サバゲで使った時の雰囲気なんかを感じてもらいたいので、お時間ある方は見ていただければと思います。

ともあれ、ここ一年で7丁掛けのガンラックの空きが一箇所になったので、とりあえずしばらく長物の購入は控えようと思います。
鉄砲を理想の形にすることばかり考えていたためか、装備品の類がちょっとおざなりだったので、来年はそこをなんとかしたいですね。
米国のガンマニアっぽい感じを目指してKACコンプリート風を二丁組んだので、それを生かせる装身具を検討中です。
ツイッター等で話題になっているハマポリに感銘を受けたので、LEっぽい感じで…
プレキャリ、ヘルメット、MAPは注文したので、完成したらまた日記にしてみたいと思います。
と言っても私の知識はかなりお粗末なものですので、日記をご覧になった方でLEに詳しい方が居られましたら、ご指摘等お願いします。

今回はTOP製品が少しでも普及すればと言う思いから日記を書いてみました。
TOP EBBシリーズはスタンダード電動ガンの不満点を一気に解消できる素晴らしい製品ですので機会があれば是非とも触れてみてください。
それでは何か気になる点がありましたら気軽にコメントいただければと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 0

コメントはまだありません。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。