こんばんは。
このところ暑い日が続き、日常をデスクワークにて過ごす人が日中運動をするには厳しい季節であると感じますね。
私の方は今月で忙しさが一段落するので、そろそろサバゲの準備をはじめようかというところです。
とは言っても、今回はXM177用のスリングとゴーグルの追加購入程度です。
VTACスリングとBolle T800を選択しました。
どちらも所謂実物で、通販にて合わせて一万円ほどのお買い物となりました。
VTACスリングやマグプルのMSスリング等はレプリカ製品が非常に多く、安いものでは800円程度からあるようです。
二千円程度のレプリカであればパッケージまでコピーされているうえ、レプリカと表記せずに販売するお店もあるようなので注意が必要です。
本国での流通価格が日本円に換算すると五千円前後なことを考えれば、国内で二千円なんてことはまずありえませんね。

DSC_0744.JPG

このようなパッケージです。
おおよそ高級感というものは感じられません。

DSC_0745.JPG

裏面にはこのように簡単な説明書きがあります。
レプリカであれば二千円から四千円程度で手に入るようですが、価格差をどう捉えるかは難しいところです。
ナイロン製のスリングであれば、実用上レプリカが実物に劣る部分はほとんど無いと言っていいと思います。
私の場合、現実的な信頼性よりも個人的な満足度を得るためにレプリカを避ける場合が多いです。
光学機器や銃本体の部品となるとまた話は変わってきますが…

VTAC SLINGでYouTubeを検索すると、様々な解説ビデオが見られます。
タクティカルな人たちの多くは1Pか2Pのスリングを好むようですが、2Pスリングは長さ調節が容易なものが便利ですね。
トイガンで2Pスリングを使用する場合、強度の関係からフロント側のスイベルをどうするかが問題になりがちです。

こちらはBFGの販促用と思しき映像です。
数十秒の動画ですが、得られるものは非常に多い気がします。
しゅるしゅると素早くスリングの長さを変えてトランジションを決められるように練習しておくとカッコイイです。

DSC_0746.JPG

スリングと併せて購入したゴーグル、Bolle T800です。
X800の後継で廉価版ということになるのでしょうか。
バンドにBolleの文字がプリントされていない等、ほんの少しコストカットを感じます。
メガネとの併用はできそうにありません。
アジアンフィットでないため少し顔から浮くような感じがしますが、バンドを少しキツめにすれば問題はなさそうです。

DSC_0747.JPG

アイウェアは日常での実用性も高いためか、気付けばちょっとした数が揃ってしまいました。
どれも二万円を超えない入手が容易な製品ですが、この価格帯でもそれぞれ使い心地に違いがあります。
後日比較して記事にしてみようと思っています。

さて、今回は駆け足気味に簡単な紹介でしたが、これで終わります。
せっかくガスガン日和が続いているので、今シーズンは飽きるくらいにサバゲできればと思っています。
それでは、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 0

コメントはまだありません。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。