レビューした装備

総合評価

3点(普通)

DSC_0358.JPG

KSC Gシリーズといえば、GBBハンドガンとしてはちょっとした歴史のあるモデルかと思います。
明らかにオーストリアの有名メーカー製ハンドガンをモデルアップした見た目ですが、諸事情によりKSC Gシリーズと名称がつけられています。
グロックといえば好みの分かれる鉄砲の一つではありますが、私としてはイマイチ購入に踏み切れずにいました。
その理由はさておき、中古でG26を購入するに至ったのでレビューします。

見た目や質感について

3点(普通)

DSC_0359.JPG

普通のプラ製GBBといったところです。
ピン類やエキストリクターはモールドです。
HW樹脂等を使用しているわけでもないので、撃ってみた感じもポコポコと至って普通の感触ですね。
諸般の事情により刻印等も凝っているわけではなく…
でももしかすると実銃にもこのような刻印のモデルはあるのかもしれませんね。

初速や集弾性について

3点(普通)

DSC_0363.JPG

初速は計測していませんしグルーピングも見ていませんが、多分普通です。
マガジンすなわちガスタンクが小さいため、連射すると目に見えて元気がなくなります。
少なくとも、競技に使うには向かないかと思います。
古いモデルですし、そういった点を重視するのであれば別の製品を購入したほうが良いでしょう。

剛性について

4点(良い)

DSC_0360.JPG

プラではありますがハンドガンですので、大した問題にはならないかと思います。
剛性とはちょっと違いますが、スライドとフレームのかみ合わせはそれほどタイトでないな…という印象です。
ちょっと古いモデルですし中古なので仕方ないことです。

持ち運びやすさ(重さについて)

5点(とても良い)

目立たないように運用することが前提のサブコンパクトですので、悪いはずがありませんね。
ジャケットの下に隠し持つことも容易です。

取り回しの良さ(全長について)

5点(とても良い)

とても小さいので当然取り回しも良好です。
ですが、サバゲのサイドアームとして持つにはちょっと心もとないかもしれません。
ちっちゃくてちょっと寂しいのでオープンキャリーするのであればフルサイズのピストルの方がキマりますね。

カスタムについて

2点(悪い)

DSC_0362.JPG

Gシリーズ用部品が対応するかとは思いますが、社外製部品にどのようなものがあるのか私は知りません。
この個体には前の持ち主がアジャスタブルリアサイトをつけたようですが、その程度でしょうか・・・
アクセサリーレールはありませんし、そもそもあんまりごちゃごちゃさせる鉄砲ではないでしょう。

ゲームでの使用感

4点(良い)

主としてコスプレ用としての意味合いが強い一丁かと思います。
装弾数やガス容量は小さく、サイドアーム向きではありません。
ですが、コッキングインジゲータの再現や実銃用ホルスターが問題なく使用できる、といった点は私としては高評価です。
サバゲでガンガン使うよりも、ハンドガン戦で予備として持ち歩くとか、自室の机の上に転がしておくとかそういった使い方が楽しめる製品でしょう。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 0

コメントはまだありません。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。