レビューした装備

総合評価

4点(良い)

DSC_0447.JPG

今回はSTI EDGE 5.1のシステム7バージョンを紹介致します。
以前レースメカバージョンの4.3に関する記事も紹介したため、そちらもあわせて参考にしていただければと思います。

さて、私としてはかなり気に入っている製品ですが、星は4つとさせていただきました。
その点について以下にて簡単に説明させていただこうと思います。

DSC_0449.JPG

写真左側が5.1です。
グリップは前バージョンと共通のものと思われます。
S7となりリアルライブオペレーション(スライドを引かずにハンマーを起こしてトリガーを引いても発射されない機能)も搭載されたのですが、これにより実銃と全く同じ動作が可能かと言われればそうではないです。
私としてはあってもなくてもいいというのが正直なところですが、KSCのトイガンメーカーとしての向上心が垣間見える試みの一つと言えるでしょう。
トイガンは大抵妥協の上に成り立っています。
その妥協点をどこに見つけるか、というのが私の最も重要視する部分ですが、KSC製品は「いい線行ってるじゃん!」と思わされることが少なくないので、応援したくなるトイガンメーカーの一つです。

注意点として、KWAと仲良しになってからのKSC製品は注入バルブの問題からガスが入れにくい事が少なくないようです。
実際のところ、私の手元にあるマガジンは二本とも入れにくいです。

見た目や質感について

5点(とても良い)

DSC_0452.JPG

見た目に関しては不満はいっさいありません。
KSC STIシリーズから見た目の良さを除いてしまえば何も残らないでしょう。
KSCお得意の自社ロゴ隠しはいつも通りエジェクションポート内側に覗きます。
STIロゴはスライド、フレーム、グリップからマグウェルと至る所に刻印され、正式ライセンス製品であることを主張します。
ボーマータイプのリアサイトにまでSTIマーキングが入っている徹底ぶりです。

初速や集弾性について

3点(普通)

初速は計測していませんが、トイガンとしての実射性能は並みといったところです。
S7製品は2点保持のV字パッキンを採用しているそうですが、効果の程は私にはわかりません。
この手のオカルト…とまで言わないにしても、意見が割れがちな部品の使用は私はあまり好きではありません。
なんにせよ、GBBハンドガンの射程内であろう10m前後であれば実用に耐え得る性能は持っているはずです。
限られた敷地内での体感ですので、後日グルーピングも見てみるかもしれません。

剛性について

4点(良い)

DSC_0453.JPG

東京マルイハイキャパと違い、スライド最前部までシャーシが来ているため、剛性に問題はないかと思います。
そもそも、ハンドガンであれば依託射撃したとしても着弾点に差の出る製品はほとんど無いでしょう。

持ち運びやすさ(重さについて)

3点(普通)

結局はフルサイズの1911ですので、サブコンパクト以下のサイズと比較すれば大きいと言わざるを得ませんが、常識の範囲内です。
とは言え分類の仕方によっては大型拳銃となる場合もあるかもしれませんし、ケース選びや汎用ホルスターに収める場合は少し製品を考える必要がありそうです。

取り回しの良さ(全長について)

2点(悪い)

DSC_0455.JPG

サイズがネックかと思います。
私は手の小さいほうではないので問題に感じませんが、ダブルスタックの1911はかなり好みのわかれるグリップになってしまうでしょう。
また、操作性の向上に寄与するマグウェルですが、取り回しの面では悪影響が無いとも言い切れません。
コンバットシューティング向けの比較的小さなマグウェルであれば問題は無さそうですが、レースガン風にかなり大型のものが装着されています。

カスタムについて

2点(悪い)

どのようなアフターパーツが市場に存在するのか知りませんが、まぁ必要ないでしょう。

ゲームでの使用感

3点(普通)

先日のゲームで腰にぶら下げていましたが、寒さのせいか全く動きませんでした。
言及できるのはフィールド内での携帯性についてですが、あまりよろしくはないと思います。
サイドアームとして持つのであれば、9mmオートの一般的なサイズのものが一番良いのかなぁと感じました。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 4

これ以上ありません。

はる

はる

参考になりました。システム7といい、
実銃ライセンス、造形よりもオペレーショナルニーズな構成と好きなコンセプトです。マイナーなエントリーA1? か、STI5.0にしようと思ってます!

ぐらお

ぐらお

はるさん
私個人の私見ですが、モデル選びの助けになったのであれば嬉しく思います。
ハイキャパシティガバメントは1911と専用ホルスターの共用が出来ませんので、サバゲにて使用を検討する際はご注意ください。
また、お友達申請いただきましたことについて、この場でお礼申し上げます。
今後ともトイガンに関する有用な情報を共有できたらと思います。
よろしくお願い致します。

はる

はる

warrior-assault-systeem-molle-universal-pistol-hol.jpg

ぐらおさん
ホルスターは共用ホルスターで、ワンタッチで抜き差しできる
Warrior Assaultというメーカーのを安かったので今さっき注文しました。
ライト付のハンドガンは、だめみたいですが、9mm-45口径くらいまでは
大丈夫そうです。日本に代理店がある様ですが、あまりにも値段格差がありすぎて、アメリカのお店に注文しちゃいました。

ぐらお

ぐらお

はるさん
これは良さそうですよね。
一般的なユニバーサルホルスターはロックの信頼性がイマイチだったり収めるのに一手間だったりと不満が多く、専用ホルスターを使うようにしていますが、やはり安くはないのが困り物です…
以前さばなびの記事で見かけて気になっていたのですが、国内では入手が難しそうだと思い諦めていました。
レビューお待ちしております!

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。