以前定例会に参加したときにプライマリーウェポンがVSRだったこともあり、敵が近いと感じたときにVSRを置いてハンドガン(電動USP)に切り替える機会が多々ありました。

この頃はコンパクトで取り回しがしやすく片手での運用も楽なP90を使用していたのでせっかくのハンドガンを使う機会はほぼ皆無でした。
しかし、いくらPDWやサブマシンガンが取り回しがしやすいと言ってもハンドガンほどではないはず。実際にVSRがメインだった日はハンドガンに切り替えることを意識していた為かP90を使用していたときよりもかなり前線での戦闘が多かったです。
それまではP90クラスのコンパクトな電動ガンなら近距離戦や狭い場所の戦いでもハンドガンに切り替える必要は無いだろうと思っていました。しかし、試してみると近距離でのハンドガンの有用性の高さには驚きました。
機動力、マグチェンジのしやすさ、取りまわしのしやすさ(早さ)、そしてなにより状況に応じてスイッチをするという楽しさがありました。

私の使っているマルイの電動USPはノーマルですが、G&Gの0.25g弾を使用して適性HOPで約35mまではフラットな弾道で飛んでいきます(流石に集弾性は長物に劣ります)。近距離限定の使用を考えれば35mの射程は必要充分ですし、フルオートが出来て100連のスプリング式マグがあるというのを考えても近距離戦では長物に劣っている点はほぼ無いと思います。

今後私が目指すスタイルは、スコープを載せたライフルをセミオートで使用、状況次第でフルオート解禁(カバーリングファイヤーなど)。交戦距離が近くなってきたら(敵フラグ付近)電ハンに切り替えて一気にアタッカースタイルにチェンジ。という感じです。

ここで今考えているのがハンドガンに切り替えるときにプライマリーウェポンはどうしようかなという問題です。
1点スリングは便利ですがずっとぶら下げておくのを考えると邪魔だしブラーンとして大事な銃をぶつけてしまいそうです。しゃがんだ時も銃口が地面に刺さってしまいますしね。
今のところはハンドガンに切り替えるときは完全に軽装アタッカーに転職する気持ちでライフルは置いていこうかなという方針です。2点スリングで背中に固定するのもアリかなと思うのですが、スリング+スリングベイルを装着することで重量が上がるという点を配慮しても置いておくスタイルの方が良いかなぁ・・・。

余談ですが、せっかくほとんど反動がない電ハンなのでCOD:MW2のようにハンドガンを右手に片手持ちをし、左手で予備の100連マグ(MW2ではナイフ)を持って腕をクロスさせてエイミングするスタイルで行こうかなと考えています。
電ハンで近距離戦をしていて思ったのがマグチェンジの重要性です。近距離だけあって中、遠距離に比べてフルオートをする機会が多くなりました。特に近距離戦のシチュエーションの多くは敵のフラグ近く、つまり敵陣です。20m以内に軽く10名以上いることがほとんどだと思います。なので100発なんてすぐに切れてしまいます(でも100連のノーマグはかなり使いやすいです)。そこでマグチェンジを少しでも早くするために予め左手に予備マグをレディさせておくというのを思いつきました。
上手くできればカッコもつくと思いますし、リロードが早くなるというタクティカルアドバンテージもあります。
是非次のサバゲで実践したいと思います。
でもその前に100連マグ(現在所持数1本、あと2本は欲しいかなぁ)と予備バッテリー(自分の管理が悪い所為か1000発弱でバッテリー切れちゃうんですよね)買わないとなぁ。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 3

これ以上ありません。

Synn

Synn

>ハヤシさん

あー元々スタミナは少ないですか・・・。プロライトの装着は私も悩みましたが、CQCホルスターに入らなくなってしまうのが個人的に痛いですね。
調べてみるとプロライトを装着せずにリポ化する方法もあるようなのでいずれリポ化にチャレンジしてみようかと検討中です。

二等兵見習補佐ナガシマ

二等兵見習補佐ナガシマ

確かにハンドガンは軽くていいなぁ、軽量を常に追い求めている俺としてはサイドアーム捨てようかと思っていたくらいなのですが、(何度も実際に落としてますが(^_^;))読んでてむしろメインアームをハンドガンにしようかとおもいました。ハンドガン2丁もってソッコーで死んでくるのもいいかも

Synn

Synn

>ナガシマさん

私も余りの電ハンの強さにメインアームにしてもいいのではないか?と考えたほどです(近距離戦ばかりなら本当にいいかも)。
2丁持ちはKimukoが電動グロックでやっていますよ。あと彼はデリンジャーも2丁隠し持ってypaaa!!してましたね。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。