original_file

さて、久しぶりに投稿してみる。

まずは家宝、タニオコバM4/CQBです。

カスタムは外装のみと決めていたが、やはり内部まで逝ってしまった><

同じことを考えた先人がいるが、コバM4では初物かも知れない。

内部カスタムは簡単に説明するとリコイルスプリング(以下RSP)のケツに、
スラストベアリング(以下SB)を取り付ける。
ただそれだけ。何故に?!SPの性能を最大限に活かしてみたいが、事の始まり。

参考までにWA M4のバッファーチューブ内径は、約24mmらしい。

コバM4のバッファーチューブ内径は、約22mmです。

んじゃー、外径22mmのSB付ければオシマイでは無い^^;

NTNやNSKなどが販売しているSBには外径24mmはあるが、22mm以下は無い。

次世代M4同様でコバM4もストックチューブのエンド側は外せる仕様です。

実はここに地雷が埋設してあった。すり鉢形状のフタ底面の内径は18mmです。

調べた結果、ミネベア製品が俺の要求するスペックとドンピシャリ。
外径18mm、内径10mm

少し脱線するが左がノーマルSB、右側が溝付きSBであり価格も溝付きの方が3倍高い。

SB入れるとこんな感じ

実は内径10mmにも大切な意味がある、バッファーボルトはリコイルにより
激しくストックエンドのフタへの衝突を繰り返す。

今回はボルトが直接SBに干渉しないように先っぽを削り込んで加工した。
ちなみにコバM4の先っぽは、真鍮製で約3mm厚だ。

ボルトの先っぽの外形は約9mmとした。

空撃ちを含めて現在は、耐久性を検証中。

現在のところ全く問題なし。

んで、気になる成果ですがコレ

電動並ですね。少し危険なので自家製のバリアブル・ウエイト・バッファー(重量可変式)

のウエイトが35gだったので、45gを仕込んで落ち着きました。

original_file

original_file

original_file

original_file

original_file

original_file

original_file

original_file

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 2

これ以上ありません。

コバ吉

コバ吉

元は俺のと同じ銃とは思えないくらいの弄くりようですね(´∀`)ウラヤマシイっす
コバポンには満足してますが何度調整に出しても新品購入時の性能が戻ってこないっす(´;ω;`)

やっさん

やっさん

コパ吉先輩

乙でーす。

GBBにはあまり詳しくありませんが、

マガジンのガスルートパッキン等々を交換されたのでしょうか?

併せてシリンダー側のパッキン部分も交換すると改善されるのではないでしょうか

シリンダー側(I-01,シリンダーassy)は、単価¥3500円で

マガジンガスケット(M-16)は、1個¥400円ですよー

まだであれば、蘇生するかもw

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。