original_file

ゼロからパーツを組み合わせて、完成したM4をフィールドテストしてみた。

フィールドテストも終えて、問題点を解消すべく改善を加えてようやく形になって来ました

今回フィールドテストの課題としては、下記の通りです。

1.サプレッサーの違和感(少々短い)
直径30mmx縦110mmのサプレッサーをハンドガード内に仕込んだ。
アウターバレル:7インチ。ハンドガード:8インチ URX3.1
この仕様だとハンドガード内に収まるのは良かったが、少しショートな感じであり
違和感を感じた。
よって、40mmのエクステンション アウターバレルをジョイントして
少しだけロングな感じにしてみた。
併せてインナーバレルも200mmから250mmに変更。

2.集弾性
30mで40cmばらける弾道。
流石に全く当たらないw
凡その見当はついている、やっつけ仕事の代償です。

アホだと思われるかも知れないが、原因はインナーバレルとアウターバレルの
クリアランスとインナーバレルの問題と予想。

早速、○イ純正のインナーバレルを250mmにカットして先端をテーパー加工。

そしてアウターバレルを延長してKM○画のスペーサーを仕込んだ。
本来はアルミテープをインナーバレルにらせん状に巻き付け
クリアランスを取るのですが、アルミテープの手持ちが在庫切れw

何故にそこまでするかと言うとクリアランス(遊び)の幅が広いと
撃つ度にインナーバレルが、コンマ数ミリの単位でぶれるからです。

基本的にはチャンバーとインナーバレルは、フレームと固定されている
と思われがちですが、社外品のチャンバーだと遊びの幅で撃った際の
衝撃により、わずかなずれが生じて集弾性に影響を及ぼし、弾道が
ばらけてしまいます。

まぁーそこまで神経質にならなくても良いのですが、精度を求める者としては
妥協できない部分です。

本日は、台風の影響で雨風が強く検証出来ていませんが、間違いなく前回より
集弾性能は、向上していると勝手に思う。

さて、皆さま台風には気を付けましょう。

original_file

original_file

original_file

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 2

これ以上ありません。

penta-kun

penta-kun

こんばんわ(^^)
こだわりを感じられるM4で、凄くカッコいいですね。
ハンドガードから出てるサプレッサーの長さも絶妙で良い感じ。
全長も比較的コンパクトで、インドアフィールドでも使いやすそうですね。

やっさん

やっさん

あざーす。

コバM4より軽いので楽ですが、歳のせいか気持ちは前に行っても

体がついていきませぬ><

100均でアルミテープ買って来たので、早速巻きまきしてます。

MASADAも良いですねー、バージョン3のメカボはギア音が

バージョン2より静かなのかなー?

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。