所謂ハーフメタルハンドガンについて

ぐらお

ぐらお


はじめまして。
ハーフメタルハンドガンと呼ばれるトイガンの考え方について皆様のご意見お聞きしたく思い投稿します。

ネットオークションでトイガンを物色していると、フレーム部分が樹脂製、スライド部分が金属製のガスブローバックガンを見かけることがあります。
聞くところによると、一般的にはフルメタルハンドガンと呼ばれるエアソフトガンは所持を禁じられているがハーフメタルなら問題は無いとおっしゃる方がおられるようです。
また、銃刀法第22条の2においては次のように定めれれています。

第二十二条の二 何人も、模造けん銃(金属で作られ、かつ、けん銃に著しく類似する形態を有する物で内閣府令で定めるものをいう。以下この項において同じ。)を所持してはならない。

ここを読みますと、フルメタルについては模造けん銃に当てはまる事は明確です。
では、ハーフメタルについてはどう考えるべきなのでしょうか。
私としましては、この手のエアソフトガンは価格面でも魅力的な商品が多く感じますが、所謂「合法ドラッグ」と同じようなもので条文に全ての条件を掲げて規制するのが困難なことから明文化されていないのではないかと考えております。
ですが、既に書いたとおり特に知識の無い一般人でもいくつかのお店で買えてしまう現状があります。

ここまでを踏まえまして、ハーフメタルハンドガンが明らかに合法あるいは違法であると判断できる文章をご存知の方がいらっしゃいましたらご意見をお願いします。
また、推測や又聞き、口コミの情報は荒れる原因になりやすいと思いますので、可能な限り条文や判例等の情報を併せて提示していただけると助かります。
よろしくお願い致します。

スポンサーリンク

この質問への回答 14

ぐらお

質問者 ぐらお

銃刀法におけるけん銃部品について知りたく思い本文を読み直したところ、三条の二に次のように記されていました。

第三条の二  何人も、次の各号のいずれかに該当する場合を除いては、けん銃の銃身、機関部体、回転弾倉又はスライド(以下「けん銃部品」という。)を所持してはならない。

たしかにここではけん銃部品として銃身やスライド等を指して定義しています。
しかし三条は銃砲を所持することの禁止について定める部分ですので、ここでいうけん銃部品を模造けん銃に当てはめるのは適切でないと思われます。
要するに、「例えバラバラにしてあってもハンドガン(実銃)を持っちゃ駄目だぞ」ということではないでしょうか。
どちらかというとここは無稼動実銃を持とうとする人が留意するべき点かもしれませんね。
まぁハンドガンの無稼動実銃は所持するのが極めて困難なように思いますが…

江一 恵

江一 恵

模造けん銃は実在するけん銃に類似し、ぐらおさんのおっしゃる通り模造けん銃の部品に関する明確な定めがされていない以上、模造けん銃の各部名称と認識はけん銃と同じものにせざるを得ないのではないでしょうか?

…という自分でも何言ってんのかよく分っていない建て前は置いといて……

ハーフメタルハンドガンが合法であるという根拠がもう一つあります。

…っていうか、こっちの方が本命ですw
前の回答では記憶が曖昧な上、その曖昧な記憶を辿って調べてもリンクが切れていたりしたため書きませんでしたが、やっと元資料を見つけたので…w

東西玩具銃部品製造協同組合(GPMC)が過去に警察庁から指導要請を受け、そこでハーフメタルハンドガンは違法ではないことが確認できます。
これを根拠にZEKEという国内カスタムメーカーがメタルスライドやフレームを実際に製造・販売しています。

https://web.archive.org/web/20050406135750/http://www.toygunparts.com/03-03-28file.htm

【以下、1.模造けん銃に該当しないための措置。から抜粋】
(4)オートマチックにあってはスライドまたはフレームのいずれか、リボルバーの場合はシリンダーまたはフレームのいずれか一方のみを交換した場合は金属製という定義に当てはまりませんので、白または黄色に着色せず、また銃腔を閉塞しなくても販売、所持等が可能です。

とりあえず、このソースを見てもまだ「ハーフメタルハンドガンは違法じゃないの?」って疑うならば一度、警察に問い合わせてみてはどうでしょうか?
たぶん、上と同じ回答が出ると思いますよ。

それに我々は何度も規制されてきた過去を持つ趣味をやっているわけですから、あんまり違法だなんだのと騒いじゃうとまた規制がきつくなっちゃう危険性も孕んでいることもお忘れなく……
法を守ることも大事ですが、それと同じく大事なのは我々が良識を持つことだと思いますよ。
(無いとは思いますが「バナナって銃に似てなくね?バナナ規制しようずwww」てレベルまでガッチガチにしたくはありませんからねw)

ぐらお

質問者 ぐらお

江一 恵さん
たしかにおっしゃるとおり記載されていますね。
ありがとうございます。
今までこのような話を口コミ程度の情報でしか聞いたことが無かったため助かります。
ですが、私もトイガンに関心を持つ人間の一人でありますので、何も遊びの幅を狭めるような考えの下行動しているわけではありません。
その点誤解なきようお願い申し上げます。

江一 恵

江一 恵

確かにハーフメタルとかメタルスライドとかで検索かけても知恵袋の回答ぐらいしか出ませんからね。(しかも、みんな個人的見解だし……)

しかし、「ハーフメタルは合法」という事を大っぴらに喧伝されハーフメタルが広く出回る際のリスクを考えると……
「(たぶん)違法だよ」
「(何だか)グレーらしいし買うのやめとくよ」
…という現状が規制されない一番良いバランスが保てているのではないかな?…と思ったりもします。

因みにこの資料を知ったきっかけはZEKEのメタルスライドを購入した事でした。

あの当時は耳から耳へというか……
「ああ、だからハーフメタルがショーケースに並んでいたり、メタルスライドとかフレーム堂々と作ってんのね…」
…ぐらいにしか思ってなかったのでこの質問見るまで資料の存在を忘れかけてたのに「ハーフメタルは合法」とどこか盲信していたように思います。
(反省してます…)

こちらこそ、ハーフメタルハンドガン問題の再確認として良い機会を与えてくださってありがとうございます。

誤解はしていませんよ!
むしろ白黒はっきりさせたいというその姿勢を見習いたいぐらいです!
自分なんか「HA!HA!HA!なんかよく分らんかったけど合法らしいという事は分ったぜ!(分かってない)HAHAHAwww」ってな感じでしたからw

ぐらお

質問者 ぐらお

江一 恵さん
現状で均衡が保てているのかもしれないという点については、私も同じように感じております。
ハーフメタルが合法であっても、部品の組み合わせによってフルメタルとなってしまう可能性がある以上、「もしかしたら手を出すとめんどくさいものかもしれない」という認識でいるのが一番いいのかもしれません。

有用な資料を提示していただきありがとうございます。
物騒な趣味と思われがちなトイガンですから、これからも健全な世界であり続けることを祈るばかりですね。

この質問に回答するには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。