image.jpg

現在メインアーム、またカスタムの教材として活躍してくれているARES製G36C(ヤフオクで14kでした)

1月に購入したのですがわずか1ヶ月で3つ怪我したので日記にします

.
.

1.コッキングハンドルの破損

image.jpg

1ヶ月ほどほぼ毎日コッキングして遊んでいたら儚くも折れました

image.jpg

実は去年、S&T製のG36Cもコッキングハンドルが折れたんです(上:ARES 下:S&T)

2丁とも同じ部位が折れてますね
よって構造に問題がありそうです
接着して元通り、では根本的解決にならないでしょう

image.jpg

Classic Army製のメタルコッキングレバーを持っていたので組み込もうと思ったのですが元々マルイ用の設計
設計が絶望的に違ったのでいっそマルイのダミーボルトと一緒に移植を試みました

image.jpg

すると色味が違いすぎるという問題に気づき、さらにはメカボックスにがっつり干渉

現在断念してます
この問題を回避された方いらっしゃいましたらコメントください(切実)

.
.

2.ストックの破損

image.jpg

UFC製のIDZレール&ストックを組み込んでいたのですがサバゲ2日でストックの伸縮固定ボタンが破損しました
これまた接着だけでは根本的解決になるかどうか不安なのと、最短状態では構えづらかったので今はノーマルのスケルトンストックに戻しています

.
.

3.不安定な弾道
右に曲がるんです

インナーバレルを覗いてみたらホップパッキンの山が偏ってせり出てました
元々中華のバレルに中華のチャンバー、申し訳程度にホップパッキンだけマルイという状態だったので致し方なかったのかもしれません
幸いマルイのG36C用チャンバー一式が無加工で取り付けられたのでひとまず安心
ホップ窓の形も悪かったのでインナーバレルもマルイ製を移植しました

まだサバゲには持って行っていないので次のサバゲが楽しみです(弾道確認的な意味で)

.
.

ここまで怪我だらけのG36Cですが愛は消えず衰えず
本体はおろかパーツさえ新商品が出ない不景気ですがまだまだ使いますよ

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 0

コメントはまだありません。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。