新規メンバー登録(無料)


サバゲー参加レポート

スポンサーリンク

サバゲーQ&A

部品が手に入らない、A&K MASADA メタルチャンバー

Huck

A &K masadaのメタルチャンバー
取り扱いしてる店知りませんか

どこにも見当たらないんです。

Wiitechは部品再販してくれるメーカーなんでしょうか。

相場の2倍の値段とかで取引できる場所ないですか。

  • 0
  • 3

KSCのガスブロハンドガンの調整に関して

考察日和

KSCのガスハンドガンのローディングノズルの固定って、皆さんどうしてますか?

※固定 = 正確には、バルブが閉じるまでノズルが後退しないようにすること


G19を中古で買ったとき、ローディングノズルが全く固定されなかったんですよ。新品だとどうなのか気になって、KSCの展示会で売られてたガスハンドガン(さわっていじってよかったみたいなので)のノズルの固定を確認すると、USP MARK2は、マルイのガスガンのようにちゃんと固定されてましたが、マカロフとかは一切固定されてなかったんです。

たぶん、リアルさを出すという意味で、敢えて行ってるのだと思います。けれども、固定してた方がパフォーマンスは良いので、ちゃんと固定するようにしたいんです。
中古でかったG19では、チャンバーパッキンでローディングノズルを固定するように細工をして(荒業なのでやりたくない)、かつノズルのリターンスプリングをはずしてます。(壊れ覚悟)

みなさんKSCのローディングノズルの固定をどうしてますか?お知恵をおかりしたいです。


※KSC以外で対策した話があったら、それも是非教えて欲しいです。

  • 1
  • 0

モーターの異常発熱

はちパパ

初めての質問になります。
ARESのハニーバジャーもどきを手にいたのですが不具合のあるパーツがありましので交換してシム調整グリスアップを行いました。その後試射したところ30発ぐらい(セミフル使用)でグリップが熱くなりモーターを取り出すと火傷しそうなぐらい発熱していました。なおバッテリーの残量も10%以上消費していました。
変更点
:メカボARES EFCF 配線は純正
:ギア セクター純正スパーベベルJ-アーマメント18:1
:シリンダー、ピストンヘッドライラックス シリンダーヘッドACE1 ノズルパカ山 ピストン純正
:スプリングはバトンM85
:モーターINAZUMAモーター
:バッテリーはリポバッテリー7.4v25c ミニ2Pコネクター
:シム調整は全ネジ締め込んで少しゆとり保たせて設定指で回すとスムーズに回る
:グリスはギア類にタミヤモリブデンとマルイの赤グリス混合 シリンダーなどにはAZシリコングリス
モーターが火傷しそうなぐらい熱くなる事は初めてで大丈夫なのか不安です。シム調整失敗やその他の原因の可能性があるのでしょうか?
長文駄文でもう訳ありませんが宜しくお願いします。

  • 0
  • 6

装備レビュー

電動MP40としては最高の一品

さまよえるドイツ兵

MP40

5点(とても良い)

おそらく電動MP40としては唯一にして至高の存在であると思われる。
AGM製と異なり、チャンバーの分解もできるので、カスタムすれば非常に優秀な銃に仕上がる。
運用時には最低限以下のカスタムをすることをお勧めする。

  • 3
  • 0

撃ってよし 飾ってよし NEWPPK/S(新旧比較)

Marked1

PPK/S ブラック

5点(とても良い)

現行版から一つ前のNEWPPK/Sを持っていたのだが
今回縁が有り現行版PPK/Sを入手したので
両者比較をしてみたいと思う。

  • 4
  • 0

弾幕は正義

オキザリ

M4パトリオットHC

4点(良い)

パトリオットに限ったことではないですし他のハイサイクルシリーズなら、一度は使ったことのある人は皆こう言うでしょう。
「弾幕は正義」と。
ハイサイクル故にレスポンスもかなり早く、セミでも弾幕が張れます。

  • 6
  • 0

アサルトライフルの元祖

睦月ねこはち

MP44

4点(良い)

もう亡きAGM社製、MP44ことSTG44のレビューを投稿します。
ドイツスキーなので★x5を付けたいのですが、問題点がある為★x4とさせていただきました。
(モケイパドックでのオーバーホール・調整済み、木製ストックの差し替え、F&F製の20mmレールの装備とカスタマイズしてあります)

  • 6
  • 0

スポンサーリンク

「サバゲーる」とは

「サバゲーる」は、トイガンやサバイバルゲームを楽しむためのSNSサイトです。

サバゲーの写真・レポート・日記の投稿、サバゲーメンバー間での相互コミュニケーションなどさまざまな機能があります。

電動ガンやガスガンをはじめとする各種サバゲー装備品のレビューを通じて、サバゲー装備の知識を深めることもできます。

さらに、各チームが主催するサバゲーイベントに参加すれば、サバゲーフィールドにデビューすることもできます。

「サバゲーる」で「サバイバルゲーム」の世界を心ゆくまでお楽しみください。