ぶらっとサバゲフィールド探訪

首都圏を中心としたサバゲーフィールドを、オーナーやスタッフのインタビューを交えて紹介。各フィールドの魅力や特徴を写真で紹介しながら、個性豊かな運営の真髄に迫ります!

1.png

第35回 川越の老舗フィールドを臨時スタッフのチョロちゃんが語ります!

埼玉で初のアウトドアフィールドとしてオープンした〈川越デザートストーム〉。
オープンから埼玉サバゲーを牽引してきた歴史を振り返りつつ、今後の展開を店長に代わって臨時スタッフ・チョロちゃんに語っていただきました

  • 0
  • 0
1.png

第37回 アウトドアフィールドとは思えぬ設備の充実ぶりに脱帽!

東関東自動車道の酒々井ICから車で7分という好立地にある「OperationFreedom」はオープンして2年。まだ、経過年数は浅いですが、着々とファンをつなげている新星フィールド。今回はサバゲ界の期待を担うその内容を取材させていただきました。

  • 2
  • 0
1.png

第36回 女子にも大人気! トレーニング施設を併設したプチ本気のサバゲ場

ラペリング塔を有したサバゲフィールド。遊びも本気で!と考えてらっしゃるゲーマーにはオススメの九龍迷宮街区を突撃取材!

  • 1
  • 0
1.png

第31回 万人に愛される森林系の登竜門!

初級者から上級者まで幅広く楽しめる「SAVAS」。森林系フィールドの中でも遊びやすさには定評があります。年齢性別関係なくファンを有しており、幅広く支持されています。
今回は「痛くなったらすぐセデス」ならぬ、「森といったらまずSAVAS」を運営である田畑氏のお話を交えてご紹介!

  • 0
  • 0
1.png

第34回 岐阜の倉庫に広がる異国でバトるっ!!

今回お邪魔したのは国内最大のクラスのインドアフィールド「HQバンカー」。
場所は岐阜県安八郡の工場跡地。1500坪の敷地に屋根付きで市街地戦ができるフィールドがあると聞きつけ早速取材を敢行!

  • 0
  • 0
1.png

第27回 家族で営む白井市のベースキャンプ(ガン●ム)とは関係ありません!(笑)

フィールド名を聞いたら誰しもが「あ、あのアニメ!?」って思ってしまいますが、先に断っておきますが全く関係ありません。
千葉県白井市をベースとしたキャンプ地、それが「ホワイトベース」です。
ご家族で運営されているコンパクトなサバゲフィールドですが、毎週催される定例会にも毎回、新しいお客さんがプレイしに来られると雰囲気の良いフィールドです。今回はスタッフ兼カメラマンの伊藤氏にお話を伺ってみました。

  • 0
  • 0
1.png

第33回 変化自在の照明演出で異国の街を駆け回れ!

インフィールドでメキメキと頭角を現してきている「九龍」グループ。
今回は神奈川県相模原にある「九龍戦闘市街区」へお邪魔しました。

  • 0
  • 0
1.png

第23回 仲良しサバゲフレンズが夢の戦場を築きあげる!

〈LYNX〉は、埼玉県比企郡にある森林山岳型の貸切専門サバイバルゲームフィールドです。現在も拡張工事や増設をしていますが、営業もバッチリやってます!
今回は仲の良いスタッフ達で作り上げる夢のワールドをご紹介!インタビューに協力頂いたのは左から ヤダ、オーナーの会長、カズキ、オカタクの四名。

  • 0
  • 0
1.png

第32回 海の幸で満腹!サバゲで大満足!

静岡県の中部、焼津の「SPECIAL FORCE」。焼津観光の新名所とあって、関東地方、東海地方のプレーヤーが続々訪問。今回は町の活性化とサバゲー運営のコラボに力を注ぐ心意気を取材させていただきました。

  • 0
  • 0
1.png

第22回 遊園地跡を利用した3Dサバゲフィールド!

埼玉県東松山市の「きらめき市民大学」真向かい。
今回訪問した「BULLET」は、もともと東松山遊園地という施設があった場所。
入口から一周が約20分とコンパクトな作りだが、工夫次第で遊び方を無限大に広げることができます!

  • 0
  • 0
1.png

第20回 どんちゃん騒ぎ!パーティルームみたいに楽しもう!

埼玉県日高市、日高ラーメンの本拠地ですが本コラムはラーメン取材ではありません。あしからず。
今回は埼玉インドアフィールドの草分け的存在〈ZEEK〉へお邪魔しました。
トータルマネージャーのS氏に、フィールドの雰囲気や運営内容を突撃取材!

  • 0
  • 0
1.png

第25回 60年代ミュージックをBGMに撃ち放せ!

埼玉サバゲフィールドの老舗として有名な「ASSAULT」の2号店が埼玉県大里 郡 寄居 町にあります。本店「ASSAULT」からは車で約30分の道のり。
少々、距離はありますが、本店から流れてくるプレーヤーはもとより、「ASSAULT2」独自のファンもメキメキと増えてきています。そして、ここを運営されているのは「ASSAULT」浅賀店長の実父・明夫氏。ご本人もご子息同様サバゲーに魅了された筋金入りのサバゲーマーです。そんな明夫氏を慕って来場されるアサルトファンも非常に多いとか。

  • 3
  • 0
1.png

第19回 プレーヤーの目線でフィールドを創造し続ける!

埼玉県のフィールドの中で最寄りの駅に一番近い「アサルト」。
自動車がなくても電車で遊びに行けるアウトドアフィールドとして若年層のプレーヤーに大人気です。
今回は若きフィールドマスター浅賀氏が描く未来のフィールド像を語っていただきました。

  • 5
  • 0
1.png

第18回 造園技術を活かした熱帯ジャングルフィールドで撃ちまくれ!

埼玉の森林系フィールド「ラッキーストライク」。比較的コンパクトなフィールド内容は、初心者をはじめアウトドア初心者でもとっつきやすいと定評がある。

  • 1
  • 0
1.png

第17回 豪華ユニオングループ三種盛り!!!

千葉県はもとより、日本中にその名を響かせるユニオングループ。まさにサバゲーブームの牽引役を担ってきたサバゲ界の立役者。今や、グループに在するフィールドは新旧合わせて9フィールド。
今回は「ユニオンベース」「デザートユニオン」「U-BOX」三ヶ所の運営を担われている中原さんに、各所の魅力を語っていただいた。

  • 1
  • 0
1.png

第16回 仕事帰りにチョイ撃ちでストレス発散!

日々のストレスをサバゲーで発散してみたいけど、アウトドアフィールドは郊外型がほとんど。チョイ呑みならぬ、帰りにチョイと撃ってみたいなって欲望を叶えてくれるのが、最近、首都圏で人気のインフィールド。
アウトドアフィールドと比べて、交通の便も良く天候に左右されないのが魅力です。
今回は、〈気軽で手軽なサバゲー〉をモットーとしている「ウーパー新横浜」へお邪魔してみました。

  • 1
  • 0
1.png

第14回 映画のヒーローに完全になりきれる!

  • 0
  • 0
スクリーンショット_2017-05-22_11.54.52.png

第13回 ゆうすけべ氏のMCが士気を高めてくれる!

  • 3
  • 0
1.png

第12回 いぶし銀の名MCが森を席巻する!

  • 2
  • 0
1.png

第11回 ROCKで味わい深い無頼派フィールド!?

  • 0
  • 0

スポンサーリンク