original_file

どうもアパムです。
前々回の設計図通りに行くかどうか分かりませんが、トリガー廻りを作っていきたいと思います。

設計図はこんな感じです。

小学生レベルですがそこはお察しください。

で、機関部のガワをどうするかということでコメントから「中華のM870とかどうよ」というアドヴァイスを頂きました。
フムフム、確かに似ている。
駄菓子菓子!
正直言って買うのは気が引ける。
だってゴミレベルでも撃てる銃を壊すのはもったいない!
ってことで壊れたショットガンなら良いね。

と、家の収納庫から引っ張り出してきたのがこれ

これは何でしょうかとお思いの方もいらっしゃるかも知れません。
えーPMCメンバーは覚えているかな?
千葉県の某有名エアガンショップの中古品ワゴンで売っていた中華SPASの残骸。
です。もちろん普通に通常の状態で売っていたのですが、

N「エーソレカウノ?」
F「キレツハイッテルシ、ヤメトケバ?」
俺「ナニイッテダ、シューティングレンジデノヒマツブシニナレバソレデイインダ」
O「カネヲドブニステルヨウナモンダゼ」

シューティングレンジにて
俺「サー、ウツゾー」
(タマハ、ウエカラジャラジャラーナノカ、チープダナァ)
ガッチャン
グギ

アレレー?オカシーゾー?

タマガデナイナァ
モウイチドコッキングダァ!

ガッチャン
グギ

ナニカガオカシイ

F「ジュウコウカラエアーハデテルノカネ?」
N「デテルデテル」

キュウダンフリョウカナ?

ユサユサ
ジャラジャラ

ワンモア

ガッッチャ

バキ

アッ!

一同「アッハッハッハッハ」
N「マサカ、サンカイデコワレルトハ(笑)」
F「クルツサンモッテナイネェ(哀)」(アパムの前はクルツでした)
O「マサニカネヲドブニステタナ(呆)」

俺「イ、イヤァ イイベッキョウニナッタサ ハハハ・・・」

という流れで壊れた物を寝かしておいたものです。
よく、収納術でいつか使う物は捨てるべし
というのがありますが、私の場合はそれが使えません。
ふと思い返して本が読みたくなったり
ふと思い返してあのパーツどこだっけ

そのときの「ああ、そういえば捨てちゃったなぁ」という悲しみは何事にも買えられません。
なので明らかなゴミ以外はとりあえず取っておきます。
それこそスプリングからねじ一本まで。
何かに使える。と思ったら即保管。
明らかに使ってない物の方が多いんですが、このようにふといつか使うときがくるかも知れない。
その恐怖心と期待に賭けています。
随分とおしゃべりが過ぎましたね、それでは本題です。

ピストルグリップの所はいらないのでカットしますがその前にネジ留めされてるっぽいので、外してみましょう。

ハメていたようです。
カットの必要な無さそうです。
よっしゃ

さらにネジを外します。

片側です。
コッキング式なのでトリガーでピストンを解放するベタな方式のようです。
トリガーってこういう形だったんですね。

トリガーは両方から軸で稼働さすので軸を作ります。
プラモデルのランナーにマスキングテープを巻いて調整。

そして、プラ板でトリガーを制作

重ねて厚みを持たせます。

決してchoo-choo-trainではありません。

閉じてみると意外と短い。

しかし、バラバラサイズなのでヤスリ掛けで整えます。

と言うところで写真が容量オーバーなのでこの先はもうちょっと後で公開します。

ここでクエッションズ!
この中で一つだけ紹介していない行程があります。
写真をよーーーく見れば分かるはずです。
答え合わせは次の日記で!

チャオ!(^^)ノシ

original_file

original_file

original_file

original_file

original_file

original_file

original_file

original_file

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 4

これ以上ありません。

ナノスピ

ナノスピ

トリガーの分解・・・。
またはプラ板でのトリガー製作?

この残骸1000円もしたのにね~~
そんなに金を無駄にしたいんなら俺に・・・www

アパム

アパム

>FKK
まさかあそこまでパッキリ行くとは思わなんだら
結果として無駄になっただけじゃないか
買うときは無駄だなんて・・・

まあ、若干思ったけども

黒蜜

黒蜜

アパムさんにはちゃんと動くクラウン製ショットガンをあげましょう・・・

アパム

アパム

黒蜜さん
亀裂が入っていて、接着剤での補強だけだったんですよ。
普通の状態ならおそらく動いたかと・・・

以前、S2S製のショットガンを買ったらHOPUPが右に利くという謎の現象が・・
最初は風かなと思ったんですが、真右に曲がるので子供ながら不気味に感じました。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。