original_file

さて、前回の投稿から間が短くてすいません。
けっして悪気はありませんので・・・

今日から3連休なので思いっきり徹夜してます。
普段は帰ったら12時前には寝るんです。てかその時間は眠いんです。

でも次の日が休みならどんだけ徹夜してもOK!(ローラじゃないよ~)
というか眠くないんだなぁ(笑)
これはアドレナリンなのかな?(違うかw)

ああ、さっそくおかしなテンションだ。
とっとと本題に行こう。

例のショットガンみたいな何か。を作っておりまして。
簡易測定器で測ったら、そこそこやばいことになりました。

前回の記事
http://svgr.jp/my/I_LOVE_GUN/diaries/20739

でも!いくら初速がやばくても、HOPUPが無ければ飛ばない!

ってー事で作ります。

まず材料はこちら

使いさしですが一応紹介。
左から、「ニトリルゴム」「イモネジ」「タップ」です。

HOPUPの主役はゴム!ということでニトリルゴムをチョイス。
寒さには滅法弱いようですが、油分や摩耗性には優れているようです。

イモネジで可変にします。
俗に言う、K.T.W.方式ですね。

1mm厚のニトリルゴムを上手いこと切って、インナーバレルに巻き付けます。
そしてスペーサーのアクリルパイプを通して、アウターバレルに差し込む。
アウターバレルにタップでねじ山を刻んだら、完了。

こんな感じで、うまい具合にイモネジがHOPを利かせます。
黄色いのは皆さんご存知のマスキングテープ。
ゴムが奥に行かないように巻いてあります。
実際はここまでスペーサーが来ます。
余り物で作ったので長さが足りませんでした。
試作品ですからね・・・

バレル内部を見てみると、

うむ、見た感じは問題なく利いてますね。
HOPが利いてるかはテスト射撃をしないとダメなのですが
この時間にやったら、警察が来ること間違いないのでww
後ほどですね。

いよいよ佳境かな?というところですが
相変わらず本体の強度不足が心配です。
代案もなかなか思いつきません。

そろそろ木製レシーバーを自作する時期なのか?
100円リボルバーでは、限界の時期なのか?

うーん、ちょっと書いてみるか・・・

fin.

original_file

original_file

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 2

これ以上ありません。

ナノスピ

ナノスピ

使ってないのに限界の時期てwww
てか完成前に限界の時期てwww
(初めっから対策しときゃよかったのに・・・。)

まぁそんなアパムにとっておきの俺の名言を!
「自作に剛性は気にしたら負け」
「剛性は丁寧に銃を扱うことでカバーする」
つまりは=あ・き・ら・め・ろ・・・だ!

えっ?それはお前の技術がないからだって??
ウ、ウルセェ~~~!www

アパム

アパム

>ナノスピHaaaan

横方向に力を加えたが、まあまあの強度だった。
ただ、実際に使うとなると怪しい。

とりあえず発射機構だけ作っておけば手動発射も出来るしなw
僕だって本気だせばVSRに組み込むことくらい・・・

でも、これの本題は「中折れ式」だからね。

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。