リポバッテリーを採用して幾月か経ちましたが、組み込んだらまず加工するFET化は
未だ未着手という事を今頃になって思い出した無精者です(何

と言うのも、スイッチ焼け対策でメジャーなFET化ですが

■メリット

・電動ガンのスイッチを単なる信号のON-OFF用に変え、接点間のスパークを無くして
 高電圧バッテリーでの接点摩耗問題を解消できる。

■デメリット

・雨で濡れる、分解時に配線の皮膜を痛めたりして漏電すると
 確実にFETが王大人からの死亡確認宣言。

・過度の連続射撃でFETが発熱して破損→最悪半田溶解でまたも死亡確n(ry

・何かしらの原因で壊れてしまった場合、常に通電&暴走状態。
 この状態でBB弾の入ったマガジンが装填されていると、トリガーを引かなくとも
 弾が発射されるので、実銃同様の安全管理意識を持って取り扱う必要がある。

・機種によってはFET搭載スペースの問題、製作と取り付けにある程度の知識が必要。

・ぶっちゃけ端子が摩耗したとしても「あ、摩耗してる」と分かる位の症状は出ない。
 電動ガンの使用頻度が少ない程、摩耗は起きにくいのは当然の事。

・何より銭がかかるw

と、思いつく限りではこんなところね。
便利な半面、扱いもシビアになるのは仕方ないけど、元々端子部分は消耗品であるんだし
消耗品は消耗品と割り切れば、然程必要か?と思っちゃうわけなんですよ。

しかしながら、セミオートメインのスタイルでもありますので、やっておくに越したことは
無いんだけどね。

そこでFETに代わる手段で何か無いものかとぐぐってみたら、あるじゃないですかw

http://gungineer.matrix.jp/nagamono_custom/dendou/battery/SBD/SBD.htm

産業用の誘導負荷でよく使われる接点保護対策のショットキーバリアダイオード(SBD)
をモーターのサージ対策として使ってみたところ、何故かノーマルスイッチでスパークが
起こらなくなったというもので、組み込みもモーター端子に繋げるだけというお手軽な
ものらしいです。

ただFETのような完全に接点摩耗抑えることは出来ないそうです^^:
それでも有る無しでの差は歴然みたいですし、何よりも部品代が1個数十円で済むので
かなりお手軽かつ効果のある方法みたいですね。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 5

これ以上ありません。

アネクドート

アネクドート

こんばんは。

おおっ、これはありがたい情報です!
最近スイッチが壊れたばかりなのでSBDが買えたら試して見たいですね。

アーリー

アーリー

ども~
セミ主体で戦っていて ノーマルですが、たまに分解して洗って接点グリースつけていれば、体感的に問題ないのでぼくはノーマル派です。
特に使ってて問題ないし
たまにセーフティとかで発射音とまらなくて恥ずかしい思いをしてる人をみるのでFETはこれからも使わない方向ですね~
参考までに^^

シュゲ・コナー

シュゲ・コナー

新着より失礼します。
m(U_U)m

ショットキバリアダイオードでモーターのサージ(過渡電圧)対策をした場合に、スイッチ接点に負荷(スパーク)がかからなくなるのは、電気的にきちんと理由があり、説明できます。

モーターに関わらず、誘導性負荷(インダクタンス=コイル)は電気エネルギーを電流として溜めておく働きがありそのたまった電流を放出する事で、いわゆる、誘導性負荷によるサージ電圧が発生します。
よく耳にする、いわゆる逆起電力(電圧)というものです。余談ですが、ちなみにサージ電圧とは瞬間的に高い電圧が発生する現象の事を指します。

ショットキバリアダイオードにより、サージ電圧対策がなされていない場合、モーターはスイッチに対して直列に接続されている為、このサージ電圧(逆起電力)がスイッチをOFF→ONにした瞬間、バッテリー電圧にさらにサージ電圧が加算され、スイッチに印加される為、通常のスイッチOFF→ONよりスパークが激しく起ります。

これが、ショットキバリアダイオードで対策されている場合、モーターのサージ電圧(逆起電力)はガンジニア様の説明にあるように、ダイオードを通してモーターに還され、電気エネルギーがなくなり、サージ電圧(逆起電力)の発生をおさえる為、スイッチをOFF→ONしてもスイッチ接点に印加される電圧はバッテリー電圧のみとなり、接点への負荷(スパーク)が減少する、という仕組みです。

回路図を書いて説明するのが一番手っ取り早くわかり安いのですが、一応ご参考までに^^

伍拾参式ヘタレ

伍拾参式ヘタレ

FETの発熱で壊れるというのは回路の組み方が悪いか容量の足りないFETを選んでるのが原因かと思われます。
正しいパーツを選ぶことで防げると思いますよ。
極端な話、「過充電すると火を噴くからバッテリーは悪だ」ってのと似たようなものかと。壊れるのではなく、壊しているのです。

あと既製品のFETスイッチは、ろくな保護装置もついていない単なるスイッチング回路でボッタクリすぎなんじゃないかとも思います。(ひとつひとつ手作りしてるから仕方ないと言われたらそれまでですが)
これがラジコン用の製品だと、同じ価格でもれなく高周波制御によるスピードコントロールと何重もの安全装置がついてきます。
(ラジコンでショートモードで故障なんかしたら、下手したら死人が出ますから。)

スペースに関しては仕方ないと思います。
狭い銃は本当に何も入りませんし・・・。
価格は自分で組めれば既製品の値段から0が1個取れますよ。


メーカー在庫がなくなって既存のスイッチを壊すわけにはいかなくなったFAMAS使いの意見でした。
リーフやプリウスもFETで動いてるんですよ?

todosan

todosan

こんばんわw

情報ありがとうございます。
こんな方法もあるんですね。
参考になります!

でわでわw

追伸
スイッチ関係(ファマス)集めとくかな・・・・

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。