original_file

サバゲー初心者がもう少し上手くなりたいなぁ、とシノゴノ考える「脱初心者ノウハウ」第4回です。実のところ今回は「考察」ではなく、僕自身がある熟練者な方から頂いたアドバスについて備忘録をかねて。もちろん、例によってご意見歓迎です。

サバイバルゲームをプレイしていると「とっさに ○○ ができていれば!」というシーンが数多くあります。クイックドロウ(早撃ち)…は実際のサバゲフィールドではあまり使う機会がないかもしれませんが、目視からのサイティング(照準)→射撃、銃器のスイッチ、スタンティングからプローン(匍匐)への移行(またはその逆)とか。もっとも、僕が最近こだわっているのは「とっさに白旗をあげる」ことなのですが(笑)

さておき。こうした「とっさに」を身につけるには、結局は反復練習で体にしみ込ませるしかありません。どんなスポーツでもそうですよね。しかし、この際、やみくもに「とっさに=素早いアクション」を追求するのは、却って回り道だ─というのが、その方のアドバイスでした。

- 反復練習の3S -
 Slow
 Smooth
 Speed

この 3 つの「S」は練習段階を意味しています。まずその動作をゆっくり、 しかし正確におこなう(Slow)。それを何度も何度も繰り返すと、次第にその動きが正確さを維持したまま、滑らかになる(Smooth)。そしてそれを更に繰り返すと、最後には素早くかつ正確なアクション(Speed)が実現する。

こうして書くと当たり前のことに感じられますけど。でも、案外忘れがちなんですよ。もちろん僕自信の話なんですけども(苦笑)

この「3S」を前提に、初心者はなにから取り組むべきですかね。もちろん、何でも素早くできるにこしたことは無いのですが…。個人的には【目視→構え→照準→射撃→回避(隠れる)】の一連の流れと、あと、遮蔽物についてからの「カッティングパイ」かな?と考えています。

この辺りのお話は、また別の回で。

その03はこちら
その05はこちら

画像は PEO Soldier offers integrated training at Fort Polk から(勝手に)引用しています。

このコンテンツの公開範囲 インターネット全体
コメントを受け付ける範囲 サバゲーるメンバーまで


スポンサーリンク

コメント 3

これ以上ありません。

塩コーヒー

塩コーヒー

3Sはあれですね。映画シューターで「ゆっくりは早い、早いは正確」とかマークウォルバーグが言ってたアレですかね。

ポジションによっては開幕ダッシュのスタミナ向上とか目指す所が色々あると思うので「コレを越したら脱初心者」っていうのは中々難しいですねぇ。

とりあえずワタシは前進してゲーム中ダウンしないのを目標にしてます。

グロッキーK

グロッキーK

おお、ありがとうございます。そうした出典なのかな??
英語だと slow is fast and fast is smooth みたいですね。

ご指摘の通り、「脱初心者」ってなに?は案外簡単そうで難しいんですよね。あまり考えずに記事を投稿しているので…そろそろきちんと考えんと駄目だな、と思ってます(汗

グロッキーK

グロッキーK

メモ:
[

コメントするには、ログインまたはメンバー登録(無料)が必要です。